Top > Quick Search > Search Technology seeds > COMPOSITE MATERIAL AND ITS MANUFACTURING METHOD

COMPOSITE MATERIAL AND ITS MANUFACTURING METHOD

Seeds code S100003810
Posted date Dec 3, 2010
Researchers
  • (In Japanese)荒井 政大
  • (In Japanese)遠藤 守信
Name of technology COMPOSITE MATERIAL AND ITS MANUFACTURING METHOD
Technology summary (In Japanese)この複合材料10は、樹脂材料中に長繊維束が配列されたプリプレグシート12a,12bが複数枚積層された複合材料において、プリプレグシート間に気相成長法による炭素繊維(CNT)を添加することによって得られる。CNTは、直径が数十nm~数百nmで、アスペクト比が数十~数百の非常に細い繊維状物質である。加圧成形前においては、添加されたCNTは両シート間に単に層状をなして存在しているが、このプリプレグシート積層体を加圧、加熱して焼成し、複合材料に形成すると、このCNTが両プリプレグシートの樹脂層に食い込み、CNTの配向方向がアトランダムとなって両シート間をブリッジすることによって、剪断力に抗することができ、両シート間の剥離を効果的に防止できるのである。すなわち、直接的な強度部材の役目は長繊維16が担い、一方CNTはこの長繊維が存在しないシート間の強度(剪断力に抗する強度)を補填する役目を担っていて、この長繊維とCNTとが協同して全体的な強度向上に寄与する。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2003-188106.gif
Research field
  • Fiber manufacturing and yarn processing
  • Rubber and plastic materials
Seeds that can be deployed (In Japanese)気相成長法による炭素繊維の添加量を少なくしても強度を得ることができると共に、コストの低減化が可能な複合材料およびその製造方法を提供する。
プリプレグシート間に気相成長法による炭素繊維を添加することで、層間に作用する剪断力に対する抗力を増大でき、強度(靭性)を向上させることができる。また、気相成長法による炭素繊維の配合量を減じることができ、コストの低減化が図れる。
Usage Use field (In Japanese)複合材料、航空宇宙、自動車
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人信州大学, . (In Japanese)荒井 政大, 遠藤 守信, . COMPOSITE MATERIAL AND ITS MANUFACTURING METHOD. P2005-022141A. Jan 27, 2005
  • B29B  11/16     
  • B29K 307/04     

PAGE TOP