Top > Search Technology seeds > ELECTRON EMISSION SOURCE USING CARBON NANOTUBES AND POLYMER, AND ITS MANUFACTURING METHOD

ELECTRON EMISSION SOURCE USING CARBON NANOTUBES AND POLYMER, AND ITS MANUFACTURING METHOD

Seeds code S100003813
Posted date Dec 3, 2010
Researchers
  • (In Japanese)伊東 栄次
  • (In Japanese)宮入 圭一
Name of technology ELECTRON EMISSION SOURCE USING CARBON NANOTUBES AND POLYMER, AND ITS MANUFACTURING METHOD
Technology summary (In Japanese)電界放出により電子を放出させる電子放出源を製造する方法であって、導電性高分子とカーボンナノチューブとを含む溶液に、電源に接続された陽極と陰極とを挿入し、陰極に、導電性高分子とカーボンナノチューブとを堆積させるカーボンナノチューブと高分子を用いた電子放出源の製法としている。このような製法を採用することにより、導電性高分子中にカーボンナノチューブが分散した膜を得ることができる。製造過程において、カーボンナノチューブは、その長さ方向を陰極に向けて堆積しやすくなる。このため、カーボンナノチューブが導電性高分子の膜に垂直に立設した形態の膜を得ることができる。即ち、この場合の電子放出源の製造方法は、電気泳動に用いられる溶液(電気泳動溶液)の調整(S1)、その電気泳動溶液中における成膜処理(S2)、作製後の膜に対する電場処理(S3)というステップから成る。その後、評価(S4)が行われる。ただし、S3は、必須のステップではなく、成膜処理の後に評価を行うこともできる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2004-092829.gif
Research field
  • Electron and ion sources
  • Techniques and equipment of thin film deposition
  • X‐ray spectra of inorganic molecules
Seeds that can be deployed (In Japanese)電子放出に要する電圧をさらに低くすることができるカーボンナノチューブと高分子とを用いた電子放出源およびその製法を提供する。
電子放出に要する電圧がより低い、カーボンナノチューブと高分子とを用いた電子放出源が得られる。
Usage Use field (In Japanese)電子放出源、電気泳動装置
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人信州大学, . (In Japanese)伊東 栄次, 宮入 圭一, . ELECTRON EMISSION SOURCE USING CARBON NANOTUBES AND POLYMER, AND ITS MANUFACTURING METHOD. P2005-285344A. Oct 13, 2005
  • H01J   9/02     
  • B82B   3/00     
  • C01B  31/02     

PAGE TOP