Top > Search Technology seeds > SHEET OF COAXIAL CARBON NANOTUBES AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME

SHEET OF COAXIAL CARBON NANOTUBES AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME

Seeds code S100003823
Posted date Dec 3, 2010
Researchers
  • (In Japanese)遠藤 守信
  • (In Japanese)金 隆岩
  • (In Japanese)林 卓哉
  • (In Japanese)村松 寛之
Name of technology SHEET OF COAXIAL CARBON NANOTUBES AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME
Technology summary (In Japanese)低温領域にカーボンナノチューブの析出を助ける助触媒を、800~1000℃の高温領域にカーボンナノチューブの析出に必要な主触媒をそれぞれ配置し、炭化水素ガスと不活性ガスとの混合ガスを低温領域側から高温領域側へと送り、気相から固体状の析出物を製造する。得られた析出物に対して酸化および酸を用いた溶解処理を施し、同軸カーボンナノチューブ以外の析出物および触媒を除去して精製する。精製後に、同軸カーボンナノチューブを主とする析出物の分散液をろ過する等によりシートを形成する。精製は、酸化雰囲気にて400~600℃の温度で加熱する酸化処理と、酸を用いて70~150℃の温度にて酸処理を施す溶解処理とを交互に繰り返すことにより行われる。同軸カーボンナノチューブシートは、最外径100nm以下のカーボンナノチューブから構成され、同軸カーボンナノチューブをシートに対して95重量%以上含み、同軸カーボンナノチューブは、2つの径の異なるグラフェンシートを互いに同軸かつ入れ子状に組み合わせた構造を有する。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-162333_1.gif thum_2005-162333_2.gif
Research field
  • Materials of solid‐state devices
  • Manufacturing technology of solid‐state devices
  • Production and handling of solid in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)高純度の同軸カーボンナノチューブシートおよびその製造方法を提供する。
得られた触媒を利用してカーボンナノチューブの気相析出を行うと、同軸カーボンナノチューブをより高純度で得ることができる。
Usage Use field (In Japanese)フィルタ、電極、透明電極
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人信州大学, . (In Japanese)遠藤 守信, 金 隆岩, 林 卓哉, 村松 寛之, . SHEET OF COAXIAL CARBON NANOTUBES AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME. P2006-335604A. Dec 14, 2006
  • C01B  31/02     
  • B01J  23/745    
  • B01J  37/08     

PAGE TOP