Top > Quick Search > Search Technology seeds > EARTHQUAKE MOTION DISCRIMINATION METHOD AND SYSTEM FOR THE SAME

EARTHQUAKE MOTION DISCRIMINATION METHOD AND SYSTEM FOR THE SAME

Seeds code S100003911
Posted date Dec 3, 2010
Researchers
  • (In Japanese)中村 洋光
  • (In Japanese)他谷 周一
  • (In Japanese)束田 進也
  • (In Japanese)芦谷 公稔
Name of technology EARTHQUAKE MOTION DISCRIMINATION METHOD AND SYSTEM FOR THE SAME
Technology summary (In Japanese)地震計1から得られる時系列データの絶対値をV(t)とし〔但し、tは時間(秒)〕、地震を検知した時刻を時間原点(t=0)として、そこから数秒間のデータに簡易な関数を当てはめ、関数形として、V(t)=B・t×exp(-A・t)を用い(但し、Bは地震波形の初動振幅の時間変化に関するパラメータ、Aは初動部分の最大振幅に関係するパラメータ)、式の両辺の常用対数をとって、log〔V(t)/t〕=logB-A・loge・tを得て、未知パラメータを線形化し、その形状パラメータを通常の最小二乗法を用いて算出する。そして、初動部分の形状パラメータA,Bを求め、この初動部分の形状パラメータA,Bに閾値TA ,TB を設定する。さらに、この設定された閾値TA ,TB を有するフィッティングしたデータに基づいて、地震動であるか、それ以外のノイズであるかを自動的に識別する。即ち、関数のパラメータが係数Aであり、この係数Aが閾値TAより小さい場合に地震動であると識別する。また、関数のパラメータが係数Bであり、この係数Bが閾値TBより大きい場合に地震動であると識別する。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2003-175176.gif
Research field
  • Track maintenance, prevention of railway disasters
  • Seismology in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)関数フィッティング法に基づいて、解析対象となる地震動であるかノイズであるかを簡便に、かつ自動的に識別することができる地震動識別方法及びそのための装置を提供する。
関数フィッティング法に基づいて、解析対象となる地震動であるかノイズであるかを簡便に、かつ自動的に識別することができる。また、関数フィッティング法による係数が閾値より小さい場合に地震動であると識別することができる。さらに、関数フィッティング法による係数が閾値より大きい場合に地震動であると識別することができる。
Usage Use field (In Japanese)地震計
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)(財)鉄道総合技術研究所, . (In Japanese)中村 洋光, 他谷 周一, 束田 進也, 芦谷 公稔, . EARTHQUAKE MOTION DISCRIMINATION METHOD AND SYSTEM FOR THE SAME. P2005-010041A. Jan 13, 2005
  • G01V   1/28     

PAGE TOP