Top > Quick Search > Search Technology seeds > METHOD FOR SEPARATING COCOON FILAMENT DERIVED FROM INSECT FOR BAIT, FIBER PRODUCT USING THE SEPARATED COCOON FILAMENT, AND METHOD FOR PRODUCING THE FIBER PRODUCT

METHOD FOR SEPARATING COCOON FILAMENT DERIVED FROM INSECT FOR BAIT, FIBER PRODUCT USING THE SEPARATED COCOON FILAMENT, AND METHOD FOR PRODUCING THE FIBER PRODUCT

Seeds code S100003940
Posted date Dec 3, 2010
Researchers
  • (In Japanese)塚田 益裕
  • (In Japanese)馬越 芳子
  • (In Japanese)於保 正弘
  • (In Japanese)神田 千鶴子
  • (In Japanese)岡部 孝幸
Name of technology METHOD FOR SEPARATING COCOON FILAMENT DERIVED FROM INSECT FOR BAIT, FIBER PRODUCT USING THE SEPARATED COCOON FILAMENT, AND METHOD FOR PRODUCING THE FIBER PRODUCT
Technology summary (In Japanese)釣り餌用昆虫を飼育する過程で生ずる夾雑物が混じっている繭糸に粉末分離材を加え、これを篩処理し、夾雑物を取り除いて繭糸を得る。このようにして精製・分離された繭糸は紡績用の繊維素材として有用である。粉末分離材は、タルクとデンプンとを含んだものであることが好ましく、篩処理は、目の粗い篩を用いる第一の篩い段階および第一の篩より目の細かい篩を用いる第二の篩い段階により行われることが好ましい。また、釣り餌用昆虫はブドウ虫であることが好ましい。この夾雑物は、蛹、餌カス、脱皮殻、幼虫の糞、水分等である。繊維製品は、この分離方法により分離した繭糸を単独で紡績してなるか、またはこの繭糸からなる第一繊維素材と第二繊維素材との複合素材を紡績してなる。この繊維製品は、各種衣料素材として有用なものである。第二繊維素材は、綿蚕および家蚕から選ばれた蚕の繭層、繭糸、選除繭糸、毛羽、もしくは屑糸由来の素材であるか、または天蚕、柞蚕、エリサン、ムガ蚕、ヨナグニサン、アナフェサン、およびクリキュラサンから選ばれた野蚕の繭層、繭糸、選除繭糸、毛羽、もしくは屑糸由来の素材をもちいることができる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2003-036883.gif
Research field
  • Sericulture in general
  • Spun products
Seeds that can be deployed (In Japanese)ブドウ虫等の釣り餌用昆虫由来の繭糸を夾雑物から分離して繭糸だけを取り出し、衣料原料として利用価値の向上を図る。
工飼料で飼育した釣り餌用昆虫について、飼育過程で生じる餌カス、糞、脱皮殻等からなる夾雑物を選択的に除去し、紡績用素材として利用できる繭糸のみを経済的で効率的に精製・分離することができる。
Usage Use field (In Japanese)釣り餌、繊維製品
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . (In Japanese)塚田 益裕, 馬越 芳子, 於保 正弘, 神田 千鶴子, 岡部 孝幸, . METHOD FOR SEPARATING COCOON FILAMENT DERIVED FROM INSECT FOR BAIT, FIBER PRODUCT USING THE SEPARATED COCOON FILAMENT, AND METHOD FOR PRODUCING THE FIBER PRODUCT. P2004-244762A. Sep 2, 2004
  • D01B   3/00     
  • D01B   7/00     

PAGE TOP