Top > Quick Search > Search Technology seeds > ROTARY IMPLEMENT FOR EXTERMINATING ORGANISM IN SOIL

ROTARY IMPLEMENT FOR EXTERMINATING ORGANISM IN SOIL

Seeds code S100003953
Posted date Dec 3, 2010
Researchers
  • (In Japanese)高橋 仁康
  • (In Japanese)三池 輝幸
  • (In Japanese)関 正裕
Name of technology ROTARY IMPLEMENT FOR EXTERMINATING ORGANISM IN SOIL
Technology summary (In Japanese)水平方向に延びる耕耘軸1の軸周に、この軸周から放射状に延び先端側で湾曲する耕耘爪2を複数装着し、耕耘軸の回転によって耕耘・代掻き作業を行うロータリ作業機に対して、耕耘爪の個々に対応して、耕耘爪装着位置から耕耘爪の湾曲側で耕耘爪先端の湾曲幅のほぼ半分の位置であって、装着位置より耕耘軸の回転方向前方位置又は装着位置に並設した位置に、耕耘軸に垂直な切断面を有し、耕耘軸と垂直に直線状に延びる直刃爪からなる駆除用爪3を配備する。そして、耕耘爪によって形成される土塊の中央に駆除爪がその長手方向に沿った切り込みを入れるように、耕耘爪に対して駆除用爪を配置する。つまり、先端側で湾曲した耕耘爪によって圃場から切り出される土塊に対して、一つの耕耘爪がこの土塊を切り出す前に(一つの耕耘爪による耕耘がなされる前に)、その圃場の土中に駆除用爪による切り込みを入れることで、耕耘爪と駆除用爪は共に圃場の土中に固定された生物に作用することになり、その土中に存在する生物に致命的な打撃を与えることができる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2003-272290.gif
Research field
  • Machines for field operations
  • Soil organisms
Seeds that can be deployed (In Japanese)土中に生息する生物に対する駆除をロータリ作業中に行うことができ、効率的な駆除効果の向上を可能にする土中生物駆除用ロータリ作業機を提供する。
土中生物が存在する土塊が耕耘爪によって耕耘される前に、圃場の土中で固定されている土中生物に対して機械的な打撃を与えることで、効率的に駆除効果を向上させることができる。耕耘爪と駆除用爪は共に圃場の土中に固定された生物に作用し、その土中に存在する生物に致命的な打撃を与えることができる。
Usage Use field (In Japanese)耕耘・代掻き作業
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . (In Japanese)高橋 仁康, 三池 輝幸, 関 正裕, . ROTARY IMPLEMENT FOR EXTERMINATING ORGANISM IN SOIL. P2005-027594A. Feb 3, 2005
  • A01B  33/12     
  • A01B  33/10     
  • A01M  29/00     

PAGE TOP