Top > Quick Search > Search Technology seeds > CONTROL METHOD, CONTROLLER AND RECORDING MEDIUM WITH RECORDED CONTROL PROGRAM

CONTROL METHOD, CONTROLLER AND RECORDING MEDIUM WITH RECORDED CONTROL PROGRAM

Seeds code S100003985
Posted date Dec 6, 2010
Researchers
  • (In Japanese)菊地 一雄
  • (In Japanese)高橋 匡康
  • (In Japanese)田村 敦宏
  • (In Japanese)谷口 幸二
Name of technology CONTROL METHOD, CONTROLLER AND RECORDING MEDIUM WITH RECORDED CONTROL PROGRAM
Technology summary (In Japanese)この数値計算方法は、物理量U(物理面における格子点の座標値)が満たすべき偏微分方程式を離散化したときの線形化された係数行列をA、非斉次項(ソース項)をfとしたとき、PCを用いて、A・U=fを解き、Uを計算する方法である。この場合、Uの初期値U0を設定S1し、繰り返し回数mに初期値として0を、摂動量φの初期値として0を与える。そして、残差rの初期値r0として(f-A・U0)を設定S2し、mをインクリメントしながら、A・φ=rmの予測近似値Ψmを、内部ソルバを有する第1演算部によって、反復計算によって求めるステップS4と、残差rmのL2ノルム(幾何学的ベクトルの長さ)を最小とする最適化された近似値φmを、第2演算部で、最適化ルーチンによって、予測近似値Ψmから求める。更に、近似解をUm+1として(Um+φm)を与え、残差をrm+1として(rm-A・φm)を与えるステップとを、近似解Umが収束するまで、繰り返し実行する。予測近似値Ψmを求めるステップは、繰り返し回数m毎の残差切除率を表す変数κmが所定値Kを超えたとき、反復計算を終えるものである。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_1999-310770.gif
Seeds that can be deployed (In Japanese)収束性の高い逐次近似解法アルゴリズム(様々な最適制御理論に基づいて、逐次近似を繰り返し行いつつ、数値計算により最適解を求めるもの)を用いた数値計算方法、数値計算装置および数値計算用プログラムを記録した記録媒体を提供する。
予測近似値Ψmを求めるステップにおいて、繰り返し回数m毎の残差切除率を表す変数κmが所定値Kを超えたとき、反復計算を終えるので、ループの繰り返しm毎の残差切除率を一定値以上に保つことができ、これにより、収束に必要なmの値を減少させることができる。従って、逐次近似解法アルゴリズムの収束性が向上するので、例えば制御に用いた場合に、高速かつ高精度の制御が容易になる。
Usage Use field (In Japanese)数値計算装置
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)株式会社ヴァイナス, 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構, . (In Japanese)菊地 一雄, 高橋 匡康, 田村 敦宏, 谷口 幸二, . CONTROL METHOD, CONTROLLER AND RECORDING MEDIUM WITH RECORDED CONTROL PROGRAM. P2001-134304A. May 18, 2001
  • G05B  13/02     
  • G06F  17/00     
  • G06F  17/13     
  • G08G   1/16     

PAGE TOP