Top > Quick Search > Search Technology seeds > DEVICE, METHOD, AND PROGRAM FOR DETECTING PATTERN, COMPUTER READABLE RECORDING MEDIUM, AND APPARATUS FOR RECORDING

DEVICE, METHOD, AND PROGRAM FOR DETECTING PATTERN, COMPUTER READABLE RECORDING MEDIUM, AND APPARATUS FOR RECORDING

Seeds code S100004035
Posted date Dec 6, 2010
Researchers
  • (In Japanese)福見 稔
Name of technology DEVICE, METHOD, AND PROGRAM FOR DETECTING PATTERN, COMPUTER READABLE RECORDING MEDIUM, AND APPARATUS FOR RECORDING
Technology summary (In Japanese)予め検出あるいは検索したい参照画像を、画像データベースなどから取得し、固有ベクトルを演算して特徴量を抽出する。パターン検出のシステム構築後、センサなどの入力部10からパターン検出の対象となる入力画像をパターン検出装置100に取り込む。取得されたデータは、必要に応じて減色や2値化、所定のデータサイズへの切り出しなどの前処理を行う。そして演算部20の特徴量抽出部22にてS-FLDに従い固有ベクトルで入力画像データの特徴抽出を行う。S-FLDは、フィッシャーの線形判別分析において、その判別分析の行列演算を利用せず、簡単な近似アルゴリズムの反復演算で固有ベクトルを順次計算していくアルゴリズムである。この手法では、クラス間分散の最大化とクラス内分散の最小化を別々の反復式で表現することにより、簡単な繰り返し演算でフィッシャーの判別分析の固有ベクトルを順次計算することが可能となる。そして、参照画像の特徴量と、入力画像の特徴量とを対比して、パターン検出実行部26でパターン検出を行い、パターン検出結果を出力部30から出力する。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-014580.gif
Research field
  • Graphic and image processing in general
  • Pattern recognition
Seeds that can be deployed (In Japanese)判別分析の行列演算を利用せず、簡単な近似アルゴリズムの反復演算で固有ベクトルを順次計算可能にする。
簡単な繰り返し演算でフィッシャーの判別分析の固有ベクトルを順次計算することが可能となり、このため演算処理の負荷を低減して組み込み機器などへの実装を容易にでき、処理速度の精度を両立させた実用レベルのパターン検出が実現できる。
Usage Use field (In Japanese)パターンサーチ、パターンマッチング、位置検出
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人徳島大学, . (In Japanese)福見 稔, . DEVICE, METHOD, AND PROGRAM FOR DETECTING PATTERN, COMPUTER READABLE RECORDING MEDIUM, AND APPARATUS FOR RECORDING. P2006-202135A. Aug 3, 2006
  • G06T   7/00     

PAGE TOP