Top > Quick Search > Search Technology seeds > IMAGING DEVICE AND IMAGING METHOD USING OUT-OF-FOCUS STRUCTURE

IMAGING DEVICE AND IMAGING METHOD USING OUT-OF-FOCUS STRUCTURE

Seeds code S100004050
Posted date Dec 6, 2010
Researchers
  • (In Japanese)児玉 和也
Name of technology IMAGING DEVICE AND IMAGING METHOD USING OUT-OF-FOCUS STRUCTURE
Technology summary (In Japanese)フィルタ処理における視点、絞りはレンズ中心のピンホールと異なる視点、絞りを含み、フィルタ処理に用いるフィルタは視点、絞りを通る光束に対応するように構成する。即ち、カメラの絞りをピンホールと仮定し、実空間におけるカメラからの視線を図において矢印で示す。実空間ではカメラのピンホールを原点O(0,0,0)とし、座標変換後の空間ではカメラの光軸上の焦点距離の位置を原点O(0,0,0)とする。また、透視座標で左右方向をx、上下方向をy、前後方向をz(前方を+)とし、直交座標で左右方向をX、上下方向をY、前後方向をZ(前方を+)とする。透視座標系の座標は(x,y,z)で、直交座標系の座標は(X,Y,Z)で表す。カメラから座標(p,q,f)(fは焦点距離)を見た視線は、実空間では直線で表され、座標変換後の空間では、(X,Y)=(p,q)で、±Z方向に延びる直線に対応し、(p、q)一点として撮影される。即ち、直交座標系では無限遠を見る視線は±Z方向に延びる平行線となる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-322870.gif
Research field
  • Graphic and image processing in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)撮影対象に関する焦点ぼけ構造を持つ撮影画像群から任意の視点、絞り、焦点合わせに相当する視覚イメージ画像を生成できる新規なイメージング装置を提供する。
撮影画像群を、撮像空間を表す直交座標系において光軸方向に等間隔な焦点合わせの異なる複数の撮影画像で構成し、フィルタ処理における視点、絞りはレンズ中心のピンホールと異なる視点、絞りを含み、フィルタ処理に用いるフィルタは視点、絞りを通る光束に対応するものとすることにより、解像度を向上させることができる。
Usage Use field (In Japanese)視覚イメージ画像生成用イメージング装置
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)大学共同利用機関法人情報・システム研究機構, . (In Japanese)児玉 和也, . IMAGING DEVICE AND IMAGING METHOD USING OUT-OF-FOCUS STRUCTURE. P2007-128009A. May 24, 2007
  • G06T   1/00     

PAGE TOP