Top > Quick Search > Search Technology seeds > SPHERICAL CARBON OBTAINED BY USING RESORCINOL-BASED POLYMER PARTICLE AS PRECURSOR, AND ITS PRODUCTION METHOD

SPHERICAL CARBON OBTAINED BY USING RESORCINOL-BASED POLYMER PARTICLE AS PRECURSOR, AND ITS PRODUCTION METHOD

Seeds code S100004092
Posted date Dec 6, 2010
Researchers
  • (In Japanese)木島 剛
  • (In Japanese)藤川 大輔
Name of technology SPHERICAL CARBON OBTAINED BY USING RESORCINOL-BASED POLYMER PARTICLE AS PRECURSOR, AND ITS PRODUCTION METHOD
Technology summary (In Japanese)塩基性縮合剤の存在下、ヘキサデシルトリメチルアンモニウムブロミド等のアルキルアンモニウム塩、ヘキサデシルアミン等のアルキルアミンよりなる群から選択された1種以上界面活性剤と水を1:120~1200のモル比で混合した溶液に、レゾルシノール等の芳香族環に2個以上のヒドロキシル基が置換した構造を持つフェノール類の中から選択された1種類以上のモノマーとホルムアルデヒド、フルフラール等のアルデヒド類の中から選択された1種以上のモノマーを加えて反応させ、超微細で球状の形態をもつ熱硬化性ポリマー粒子を得る。ポリマー粒子を、エタノール等のアルコール類よりなる群から選択された1種類以上の溶媒と塩酸等の酸よりなる群から選択された1種類以上の酸の混合溶液で処理する。次いで、不活性雰囲気下で焼成して球状炭素を製造する。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-223140.gif
Research field
  • Materials of solid‐state devices
  • Manufacturing technology of solid‐state devices
  • Production and handling of solid in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)直径30~500nmの球状とし、化学的、熱的、物理的に優れた機能を特異的に発現する超微細球状炭素粒子を提供する。
超微細球状炭素粒子は、化学的に安定でかつ粒子形態・サイズ、細孔が制御されたルシノール/ホルムアルデヒド系共重合体を骨格成分とする層状構造を構成単位とする球状構造体の形態的特徴を有してなる球状炭素であり、高性能分離剤、吸着剤、物質貯蔵剤、複写機用トナー、繊維・ゴム・フィルム・プラスチック製品・インキ・塗料・接着剤などへの添加剤などとして汎用性機能性材料である。
Usage Use field (In Japanese)超微細球状炭素粒子
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 宮崎大学, . (In Japanese)木島 剛, 藤川 大輔, . SPHERICAL CARBON OBTAINED BY USING RESORCINOL-BASED POLYMER PARTICLE AS PRECURSOR, AND ITS PRODUCTION METHOD. P2007-039263A. Feb 15, 2007
  • C01B  31/02     
  • B82B   1/00     

PAGE TOP