Top > Search Technology seeds > HEARING AID PROCESSING METHOD AND HEARING-AID USING SAME

HEARING AID PROCESSING METHOD AND HEARING-AID USING SAME

Seeds code S100004107
Posted date Dec 6, 2010
Researchers
  • (In Japanese)東山 三樹夫
  • (In Japanese)風間 道子
  • (In Japanese)高橋 義典
  • (In Japanese)寺田 清明
  • (In Japanese)坂本 真一
  • (In Japanese)中市 健志
Name of technology HEARING AID PROCESSING METHOD AND HEARING-AID USING SAME
Technology summary (In Japanese)マイクロホン2は音声信号を電気信号に変換し、補聴処理部3はその電気信号から各信号処理を行い、補聴処理を施した電気信号を出力し、イヤホン4はその出力信号を音響信号に変換し、音声信号として出力する。信号処理部5はマイクロホン2が出力した電気信号からパワースペクトルの算出、ピークピッキング、各種信号処理を行う。聴神経興奮パターン算出部6は、信号処理部5の出力信号であるパワースペクトル又は特定の周波数成分と、聴覚フィルタ形状記憶部8に記憶されている健聴者の聴覚フィルタ形状とから健聴者の聴神経興奮パターンを算出し、一方の聴神経興奮パターン算出部7は、パワースペクトル又は特定の周波数成分と、聴覚フィルタ形状記憶部9に記憶されている難聴者の聴覚フィルタ形状とから難聴者の聴神経興奮パターンを算出する。比較部10は、健聴者と難聴者との聴神経興奮パターンを比較して、難聴者の聴神経興奮パターンが、健聴者の聴神経興奮パターンと同一になるためのゲイン係数を算出する。そして、補正処理部11は、入力音声信号に相当するパワースペクトルに補正処理を行い、補正処理した電気信号を出力する。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2004-105909.gif
Research field
  • Prosthesis (=artificial substitutes for body part)
  • Acoustic signal processing
  • Auditory sense
Seeds that can be deployed (In Japanese)補聴器装用者(難聴者)の周波数選択性の劣化に基づいて補聴調整することができる補聴処理方法及びそれを用いた補聴器を提供する。
難聴者の聴神経興奮パターンが、健聴者の聴神経興奮パターンと同一になるように、入力音声信号を補正して出力音声信号とするので、周波数選択性の劣化が補償され、健聴者と同じような感覚で音声を聴取することができる。
Usage Use field (In Japanese)補聴器
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)早稲田大学, リオン(株), . (In Japanese)東山 三樹夫, 風間 道子, 高橋 義典, 寺田 清明, 坂本 真一, 中市 健志, . HEARING AID PROCESSING METHOD AND HEARING-AID USING SAME. P2005-295119A. Oct 20, 2005
  • H04R  25/00     

PAGE TOP