Top > Quick Search > Search Technology seeds > CODE DIVISION MULTIPLEXING MOBILE COMMUNICATION SYSTEM, TERMINAL STATION, AND BASE STATION

CODE DIVISION MULTIPLEXING MOBILE COMMUNICATION SYSTEM, TERMINAL STATION, AND BASE STATION

Seeds code S100004130
Posted date Dec 6, 2010
Researchers
  • (In Japanese)原 孝雄
  • (In Japanese)谷川 尚也
Name of technology CODE DIVISION MULTIPLEXING MOBILE COMMUNICATION SYSTEM, TERMINAL STATION, AND BASE STATION
Technology summary (In Japanese)符号分割多重化移動通信方式は、アップリンクにおいて、長さが互いに素の複数の要素符号から構成された各々異なる2つの複合符号の一方を同期符号として使用し、他方を拡散符号として使用するようにしている。また、アップリンクにおいて、長さが互いに素の3つの要素符号から構成された各々異なる2つの複合符号の一方を同期符号として使用し、他方を拡散符号として使用する。さらに、アップリンクにおいて、長さが互いに素の3つの要素符号X、Y及びZから構成された数1で示す複合符号を同期符号として使用し、数2で示すものを拡散符号として使用する。このようにして同じ要素符号から互いに異なる演算によって形成された2つの複合符号の一方を低C/N時の高速同期符号として用い、他方を拡散符号として用いることで、同期特性と干渉特性とを同時に満たすことができる。また、初期アクセス時に基地局側でアップリンクの位相情報がなくても短時間で初期捕捉が可能となり、かつ要素符号の1つを適当な周期に選ぶことでショートコードの助けを借りずにフレームタイミングを作成することも可能となる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2004-062641_1.gif thum_2004-062641_2.gif
Research field
  • Mobile communication
  • Modulation and demodulation systems
Seeds that can be deployed (In Japanese)アップリンクの拡散符号の特性を向上させた符号分割多重化移動通信方式と端末局及び基地局とを提供する。
同じ要素符号から互いに異なる演算で形成された2つの複合符号の一方を低C/N時の高速同期符号として用い、他方を拡散符号として用いて、同期特性と干渉特性とを同時に満たし、初期アクセス時に基地局側でアップリンクの位相情報がなくても短時間で初期捕捉が可能となり、ショートコードの助けを借りずにフレームタイミングが作成可能となる。
Usage Use field (In Japanese)端末局、基地局
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学, . (In Japanese)原 孝雄, 谷川 尚也, . CODE DIVISION MULTIPLEXING MOBILE COMMUNICATION SYSTEM, TERMINAL STATION, AND BASE STATION. P2005-252837A. Sep 15, 2005
  • H04B   1/707    

PAGE TOP