Top > Quick Search > Search Technology seeds > NUMERICAL VALUE CALCULATION METHOD, PROGRAM AND RECORDING MEDIUM

NUMERICAL VALUE CALCULATION METHOD, PROGRAM AND RECORDING MEDIUM

Seeds code S100004201
Posted date Dec 6, 2010
Researchers
  • (In Japanese)青木 尊之
  • (In Japanese)今井 陽介
Name of technology NUMERICAL VALUE CALCULATION METHOD, PROGRAM AND RECORDING MEDIUM
Technology summary (In Japanese)まず、使用者が入力部1によって数値シミュレーションの開始に関する操作を行うと、処理部4は、記憶部2に記憶された情報に基づいて、演算を行う定義点である格子点、各物理量の初期条件などを設定する。処理部4は、記憶部2に記憶された情報に基づいて、時間と空間に関する偏微分方程式などからなる支配方程式、各物理量の値を修正するための補間関数などを設定する。続いて、設定した各種情報を用い、時刻tにおける各格子点での各物理量の値に基づいて、時刻(t+1)における各格子点での各物理量の値を算出する。この処理をt=0,1,2,…n-1に関して行う。処理部4は、まず、支配方程式を用いて変数に関する第1の微分係数を算出し、次に、補間関数を用いて変数に関する第2の微分係数を算出し、次に、第1の微分係数と第2の微分係数との加重平均によって変数に関する第3の微分係数を算出する。次に、第3の微分係数と支配方程式とに基づいて演算を行うことで、変数の値を所定の微小時間後の値に更新する。そして、算出した各物理量の値を、出力部5に出力する。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-142404.gif
Seeds that can be deployed (In Japanese)コロケート格子を用いた偏微分方程式の数値解法において、変数間のカップリングの安定性が高い数値計算方法を提供する。
コロケート格子を用いた多変数偏微分方程式において、変数間の安定なカップリングを実現することができる。また、この数値計算方法をコンピュータに実行させるためのプログラムを作成し、そのプログラムを記憶部(記録媒体)に記憶(記録)することができる。
Usage Use field (In Japanese)数値計算方法、数値シミュレーション、レイリーテーラー不安定性の解析
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人東京工業大学, . (In Japanese)青木 尊之, 今井 陽介, . NUMERICAL VALUE CALCULATION METHOD, PROGRAM AND RECORDING MEDIUM. P2006-318355A. Nov 24, 2006
  • G06F  17/13     

PAGE TOP