Top > Search Technology seeds > LABOR-SAVING TRACK AND METHOD OF CONSTRUCTING THE SAME

LABOR-SAVING TRACK AND METHOD OF CONSTRUCTING THE SAME

Seeds code S100004449
Posted date Dec 7, 2010
Researchers
  • (In Japanese)村本 勝己
Name of technology LABOR-SAVING TRACK AND METHOD OF CONSTRUCTING THE SAME
Technology summary (In Japanese)吸水膨潤性を備えた高塑性材料(例えば、工業用ベントナイトなどの高塑性粘性土)からなる路盤表面保護層3を路盤2の表面に敷設して一体化させる。好ましくは、路盤表面保護層3のコンシステンシー(固さや流動性)特性Icが10以下、更に好ましくは、5以下である。ここで、Ic=0.73WL-Ip(式中、WLは液性限界、Ipは塑性指数を示す。)である。恒常的に地下水位が高くなっている箇所(例えば、切土や素地など)においては、列車荷重によって発生する水圧を前後に分散する水圧分散層を路盤表面保護層3に添設してもよい。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2004-044415.gif
Research field
  • Track structure, track materials
Seeds that can be deployed (In Japanese)粘性土からなる路盤上に形成されたてん充層によってまくらぎを支持する省力化軌道において、路盤変状の発生を防ぐ。
路盤の表面からの噴泥を確実に防ぎ、路盤の表面における空洞の発生・成長を阻止することができる。
Usage Use field (In Japanese)省力化軌道
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所, . (In Japanese)村本 勝己, . LABOR-SAVING TRACK AND METHOD OF CONSTRUCTING THE SAME. P2005-232846A. Sep 2, 2005
  • E01B   1/00     

PAGE TOP