Top > Search Technology seeds > TEST EQUIPMENT OF ELECTROMAGNETIC FORCE SUPPORTING DEVICE EMPLOYING SUPERCONDUCTING MAGNET DEVICE

TEST EQUIPMENT OF ELECTROMAGNETIC FORCE SUPPORTING DEVICE EMPLOYING SUPERCONDUCTING MAGNET DEVICE

Seeds code S100004521
Posted date Dec 7, 2010
Researchers
  • (In Japanese)清野 寛
  • (In Japanese)長嶋 賢
Name of technology TEST EQUIPMENT OF ELECTROMAGNETIC FORCE SUPPORTING DEVICE EMPLOYING SUPERCONDUCTING MAGNET DEVICE
Technology summary (In Japanese)超電導コイル2の水平方向中心からの距離を等しくとって超電導バルク5と6を対向して配置すると、超電導バルク5と超電導コイル2との間に働く電磁力と超電導バルク6と超電導コイル2との間に働く電磁力は大きさが同じで、付与方向が逆転することになる。このため、超電導バルク5と6を配置したことにより発生する電磁力は、超電導コイル2部分で圧縮内力として釣り合い、上下、左右の断熱荷重支持材3と4に新たな外力は負荷されない。また、超電導バルク5と6超電導とをつないだ連結ロッド7により、超電導バルク側に加わる電磁力も連結ロッド7に加わる引張内力として釣り合うために外部への荷重伝達経路が必要でなくなる。したがって、大きな電磁力を付与することを考慮していない汎用の超電導マグネットでも大きな載荷力を与えた試験ができる。また、基本的には1対の超電導バルク5と6と、それらを連結する連結ロッド7と、連結ロッド7に取り付けたロードセル12だけで試験ができ、簡便である。なお、ここでは、超電導バルク体5,6の直径φA、超電導コイル2の直径φB、超電導コイル2の高さL、超電導バルク体5と6の間隔sとして示す。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2006-025637.gif
Research field
  • Railway vehicle design
  • Electromagnetic equipment
  • Superconducting magnets
Seeds that can be deployed (In Japanese)1対の反磁性体(超電導バルク)と、それらを連結する「連結ロッド」と、その連結ロッドに取り付けたロードセルだけで簡便に試験ができる超電導磁石装置を用いた電磁力支持装置の試験装置を提供する。
第1と第2の反磁性体(超電導バルク)間の反発力と超電導コイル間の力が超電導コイル部で内力として釣り合うので、断熱荷重支持材に新たに電磁力は付加されない。従って、超電導コイルの上下、左右に断熱荷重支持材の耐荷重以上の荷重をかけることができる。また、大きな電磁力を付与することを考慮していない汎用の超電導マグネットでも大きな載荷力を与える試験ができる。
Usage Use field (In Japanese)超電導コイル、反磁性体
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所, . (In Japanese)清野 寛, 長嶋 賢, . TEST EQUIPMENT OF ELECTROMAGNETIC FORCE SUPPORTING DEVICE EMPLOYING SUPERCONDUCTING MAGNET DEVICE. P2007-209129A. Aug 16, 2007
  • H02N  15/04     
  • B60L  13/04     

PAGE TOP