Top > Search Technology seeds > FAILURE DETECTING DEVICE OF FAILURE POINT STANDARDIZING DEVICE FOR ALTERNATING CURRENT AT FEEDING CIRCUIT

FAILURE DETECTING DEVICE OF FAILURE POINT STANDARDIZING DEVICE FOR ALTERNATING CURRENT AT FEEDING CIRCUIT

Seeds code S110004777
Posted date Jan 4, 2011
Researchers
  • (In Japanese)佐竹 信彦
  • (In Japanese)山崎 修司
  • (In Japanese)上村 修
  • (In Japanese)伊藤 健治
  • (In Japanese)久水 泰司
  • (In Japanese)兎束 哲夫
  • (In Japanese)持永 芳文
Name of technology FAILURE DETECTING DEVICE OF FAILURE POINT STANDARDIZING DEVICE FOR ALTERNATING CURRENT AT FEEDING CIRCUIT
Technology summary (In Japanese)交流AT(単巻変圧器)き電回路の任意距離区間毎に配置された単巻変圧器ATを境界とする複数のAT区間に発生する故障を検知する交流ATき電回路用故障点標定装置の故障検知装置1である。AT区間の両端の電気量をそれぞれ取り込んで任意形態の電気量情報に変換するアナログ入力変換手段2と、このアナログ入力変換手段2により取り込まれたAT区間両端の電気量情報のベクトル合成値を算出する電気量演算手段3と、この電気量演算手段で算出したAT区間両端のベクトル合成値から故障発生と故障種別とを判定する。電気量演算手段で求められたAT構内両翼のトロリ電流とフィーダ電流のベクトル総和電流からき電区分所構内に発生する故障を検知し、ベクトル総和電流とAT吸上げ電流の比率値から故障種別を判定する故障検知手段4を備える。事故区間検知手段4は、電気量合成手段3で算出した区間流入合成電流値と予め定めた任意値との比較判定からATn区間の故障を検知する。事故区間検知手段4における事故区間検知と事故種別検知は比較判定式により行われる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-270575.gif
Research field
  • Track structure, track materials
  • Track maintenance, prevention of railway disasters
Seeds that can be deployed (In Japanese)T-F短絡故障を含む全故障種別に対し、上下線タイ開閉器の結合-分離に影響されることなく、区間境界の近傍で発生する故障や、区間内に発生する故障と故障種別を確実に検知することができる交流ATき電回路用故障点標定装置の故障検知装置を提供する。
従来のAT吸上電流比標定及びリアクタンス標定による故障点判別性能の不足点を解消し、T-F短絡故障を含む全故障種別に対し、上下線タイ開閉器の結合-分離に影響されることなく、区間境界の近傍で発生する故障や、区間内に発生する故障と故障種別を確実に検知することができる。
Usage Use field (In Japanese)故障種別・故障個所特定、地絡故障、短絡故障、交流電気鉄道
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所, 株式会社ジェイアール総研電気システム, 東芝インフラシステムズ株式会社, . (In Japanese)佐竹 信彦, 山崎 修司, 上村 修, 伊藤 健治, 久水 泰司, 兎束 哲夫, 持永 芳文, . FAILURE DETECTING DEVICE OF FAILURE POINT STANDARDIZING DEVICE FOR ALTERNATING CURRENT AT FEEDING CIRCUIT. P2007-076608A. Mar 29, 2007
  • B60M   1/28     
  • G01R  31/08     

PAGE TOP