Top > Search Technology seeds > (In Japanese)ホルムアルデヒドに対する耐性を植物に付与する方法、環境中のホルムアルデヒドを植物に吸収させる方法

(In Japanese)ホルムアルデヒドに対する耐性を植物に付与する方法、環境中のホルムアルデヒドを植物に吸収させる方法

Seeds code S110005198
Posted date Jan 4, 2011
Researchers
  • (In Japanese)泉井 桂
  • (In Japanese)陳 麗梅
  • (In Japanese)加藤 暢夫
  • (In Japanese)阪井 康能
  • (In Japanese)由里本 博也
Name of technology (In Japanese)ホルムアルデヒドに対する耐性を植物に付与する方法、環境中のホルムアルデヒドを植物に吸収させる方法
Technology summary (In Japanese)ホルムアルデヒドに対する耐性を植物に付与する方法は、ヘキスロース-6-リン酸合成酵素の遺伝子及び6-ホスホヘキスロースイソメラーゼの遺伝子を植物に導入して葉緑体内において発現せしめ、よってホルムアルデヒドをカルビン回路の中間体に資化する能力植物に付与することよりなる。ヘキスロース-6-リン酸合成酵素の作用によりリブリース-5-リン酸とホルムアルデヒドから3-ヘキスロース-6-リン酸を生成し、更に6-ホスホヘキスロースイソメラーゼの作用により3-ヘキスロース-6-リン酸をフルクトース-6-リン酸に変換することよりなる。ヘキスロース-6-リン酸合成酵素の遺伝子及び6-ホスホヘキスロースイソメラーゼの遺伝子を植物に導入して葉緑体内において発現せしめ、よってホルムアルデヒドをカルビン回路の中間体に資化する能力を付与された、ホルムアルデヒドに対する耐性を有する形質転換植物であり、植物はタバコ、シロイヌナズナが好適である。これにより、環境中のホルムアルデヒドを植物に吸収させる。図においてRuBPはリブロース-1.5-ビスリン酸を、FBPはフルクトース-1.6-ビスリン酸を示す。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-516046.gif
Research field
  • Molecular genetics in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)環境中におけるホルムアルデヒド濃度を低減させるために、ホルムアルデヒドの代謝系を植物などに組み込むことにより植物においてホルムアルデヒド吸収能を高める。
ヘキスロース-6-リン酸合成酵素の遺伝子及び6-ホスホヘキスロースイソメラーゼの遺伝子を植物に導入して葉緑体内において発現させることにより、カルビン回路を介してホルムアルデヒドを代謝させる経路を有する形質転換植物が与えられる。この形質転換植物は、ホルムアルデヒドに対する耐性を有し、かつ環境中のホルムアルデヒドを有意に低減させることが可能である。この形質転換植物を住居やオフィスなどに設置することにより、環境浄化を行うことができる。
Usage Use field (In Japanese)ホルムアルデヒド吸収植物、環境浄化
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人京都大学, . (In Japanese)泉井 桂, 陳 麗梅, 加藤 暢夫, 阪井 康能, 由里本 博也, . (In Japanese)ホルムアルデヒドに対する耐性を植物に付与する方法、環境中のホルムアルデヒドを植物に吸収させる方法. . Jun 28, 2007
  • C12N  15/09     
  • A01H   5/00     
  • A01H   1/00     

PAGE TOP