Top > Search Technology seeds > METHOD FOR EVALUATING ACTION ON GASTRIC MUCOSA DUE TO ORALLY ADMINISTERED MEDICINE, AND KIT FOR EVALUATION

METHOD FOR EVALUATING ACTION ON GASTRIC MUCOSA DUE TO ORALLY ADMINISTERED MEDICINE, AND KIT FOR EVALUATION

Seeds code S110005218
Posted date Jan 11, 2011
Researchers
  • (In Japanese)松井 裕史
  • (In Japanese)中村 由美子
  • (In Japanese)下川 治
Name of technology METHOD FOR EVALUATING ACTION ON GASTRIC MUCOSA DUE TO ORALLY ADMINISTERED MEDICINE, AND KIT FOR EVALUATION
Technology summary (In Japanese)経口投与される薬物の胃粘膜への作用を評価する方法である。非ヒト動物の正常胃粘膜上皮細胞を発癌性物質の存在下で培養して形質転換させてなる癌様変異株に評価対象薬物を添加する。癌様細胞株のプロトンポンプの発現量の増加の程度や4-ヒドロキシ-2-ノネナール修飾蛋白質の生成量の増加の程度を指標にして行う。少なくとも正常胃粘膜上皮細胞を発癌性物質の存在下で培養して形質転換させてなる癌様変異株を含む。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2006-131873.gif
Research field
  • Stomach
  • Research methods
Seeds that can be deployed (In Japanese)インビトロで行うことができる経口投与される薬物の胃粘膜への作用を評価する方法および評価するためのキットを提供する。
副作用として胃粘膜障害を引き起こす可能性があるかどうかを簡便に見極めることが可能となり、胃粘膜障害のない薬物をスクリーニングする場合などに採用しうる。
Usage Use field (In Japanese)非ステロイド性抗炎症剤、インドメタシン、プロトンポンプ発現量、抗炎症剤
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 筑波大学, . (In Japanese)松井 裕史, 中村 由美子, 下川 治, . METHOD FOR EVALUATING ACTION ON GASTRIC MUCOSA DUE TO ORALLY ADMINISTERED MEDICINE, AND KIT FOR EVALUATION. P2007-303933A. Nov 22, 2007
  • G01N  33/50     
  • G01N  33/15     
  • G01N  33/68     

PAGE TOP