Top > Search Technology seeds > RUTHENIC ACID NANOSHEET AND ITS PRODUCING METHOD

RUTHENIC ACID NANOSHEET AND ITS PRODUCING METHOD

Seeds code S110005260
Posted date Jan 11, 2011
Researchers
  • (In Japanese)杉本 渉
  • (In Japanese)高須 芳雄
  • (In Japanese)伊藤 賢
Name of technology RUTHENIC ACID NANOSHEET AND ITS PRODUCING METHOD
Technology summary (In Japanese)ルテニウム酸ナノシートは、0.4nm以下の厚みを有し、式:[RuO2x―(0<x<1)で表される。製造は、次のように行われる。まず、Ⅳ価以上の原子価の酸化ルテニウム(RuO2)、アルカリ金属化合物(炭酸ナトリウム)及び金属ルテニウム粉末の混合物を焼成(450℃で12時間)し、アルカリ金属型層状ルテニウム酸化合物(NaRuO2)とする。このルテニウム酸化合物を臭素処理し、プロトン型層状ルテニウム酸〔NanRuO2(0<n<1)〕を得て、さらに、水和処理してプロトン型層状ルテニウム酸水和物(H0.1RuO2・0.3H2O)を得る。ルテニウム酸水和物にアルキルアンモニウム化合物(テトラブブチルアンモニウム)を反応させてアルキルアンモニウム-層状ルテニウム酸層間化合物(テトラブブチルアンモニウム(TBA)-ルテニウム酸層間化合物〔(TBA0.1RuO2・0.2H2O〕を得る。次に、ルテニウム酸層間化合物を溶媒(水)に分散して得た、層間剥離したルテニウム酸ナノシートコロイドを製膜する。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2007-011248_1.gif thum_2007-011248_2.gif
Research field
  • Materials of solid‐state devices
  • Manufacturing technology of solid‐state devices
  • Production and handling of solid in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)MRuO2(M=アルカリ金属)型の層状ルテニウム酸アルカリ金属化合物由来のルテニウム酸の層間を剥離して得られる極限まで薄いルテニウム酸ナノシート、及びその製造方法を提供する。
ルテニウム酸ナノシートおよび/またはそれを積層したアルキルアンモニウム-層状ルテニウム酸層間化合物は、レドックスキャパシタや燃料電池等の各種の電気化学素子の電極として用いることが出来る。シート厚みが薄いので、ルテニウムの利用効率が向上し、シート面上の電子導電性とシート間のプロトン導電性の両方が改善され、電極性能が著しく向上する。
Usage Use field (In Japanese)電気化学素子電極、レドックスキャパシタ電極、燃料電池電極
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人信州大学, . (In Japanese)杉本 渉, 高須 芳雄, 伊藤 賢, . RUTHENIC ACID NANOSHEET AND ITS PRODUCING METHOD. P2008-174431A. Jul 31, 2008
  • C01G  55/00     
  • H01G   9/058    

PAGE TOP