Top > Search Technology seeds > INDEXING METHOD OF ALLERGY SERIOUSNESS

INDEXING METHOD OF ALLERGY SERIOUSNESS

Seeds code S110005266
Posted date Jan 11, 2011
Researchers
  • (In Japanese)後藤 真生
  • (In Japanese)石川 祐子
Name of technology INDEXING METHOD OF ALLERGY SERIOUSNESS
Technology summary (In Japanese)アレルギー疾患非ヒト哺乳動物モデルの血管透過性測定に基づいてアレルギー重症度をインデックス化する方法である。アレルギー重症度を皮膚への血漿漏出量に基づいて、インデックス化すれば、熟練を必要とせずにアレルギー重症度のインデックス化ができる。血漿漏出量の測定を蛍光標準物質を血中投与し、その漏出を蛍光測定器を用いて直接測定する。抗原特異的リンパ球レセプター遺伝子導入動物に特異抗原を断続的に経口摂取させる。アレルギー疾患非ヒト哺乳動物モデルを個体のまま用い、得られる蛍光強度に基づいて、漏出を測定する。アレルギー疾患非ヒト哺乳動物モデルから、皮膚切片を採取して用い、得られる蛍光強度に基づいて、漏出を測定する。抗アレルギー薬ないしアレルギー予防薬をスクリーニングに用いる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2006-012224.gif
Research field
  • Diagnostics of immunologic diseases, allergic diseases.
  • Vasculature
  • Analytical reagents
Seeds that can be deployed (In Japanese)熟練を必要とせず、実際の人間の感作メカニズムに近く、感作期間を短縮化し、さらに、抗原濃度依存的なアレルギー重症度を短時間でかつ高精度に効率よく測定可能である方法を提供する。
抗体測定、長期に渡る観察などの、熟練を必要とする実験を一切必要としない、極めて簡便なアレルギー重症度のインデックス化が初めて提供される。抗アレルギー剤やアレルギー予防薬の薬効の評価が極めて簡便、迅速になされ、薬剤のスクリーニングなどに大いに貢献する。
Usage Use field (In Japanese)抗アレルギー剤、アレルギー予防薬、血清中抗原特異的イムノグロブリンE抗体測定、免疫学、アジュバント(免疫増強剤)免疫法
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . (In Japanese)後藤 真生, 石川 祐子, . INDEXING METHOD OF ALLERGY SERIOUSNESS. P2006-227000A. Aug 31, 2006
  • G01N  33/50     

PAGE TOP