Top > Search Technology seeds > TREATMENT METHOD AND ITS ARRANGEMENT OF HALOGEN COMPOUND

TREATMENT METHOD AND ITS ARRANGEMENT OF HALOGEN COMPOUND

Seeds code S110005356
Posted date Jan 11, 2011
Researchers
  • (In Japanese)金 煕濬
  • (In Japanese)南 亘
Name of technology TREATMENT METHOD AND ITS ARRANGEMENT OF HALOGEN COMPOUND
Technology summary (In Japanese)ハロゲン化合物(塩素、フッ素含有)の燃焼ガスを溶解させた水溶液とカルシウムイオンを含む水溶液を反応槽で反応させ、難溶性カルシウム化合物(フッ化カルシウム)として沈殿させて取出すハロゲン化合物の処理方法において、反応槽を2つのグループに分け、一方のグループの反応槽にはハロゲン化合物が反応するに必要な塩化カルシウムの化学当量よりも少ない量の塩化カルシウムを含む水溶液を導入して反応させ、その反応液の難溶性カルシウム化合物を除去した後に、ハロゲン化合物の水溶液を保存する槽に循環させる。また、他方のグループの反応槽には、ハロゲン化合物が反応するに必要な塩化カルシウムの化学当量よりも多い量の塩化カルシウムの水溶液を導入して反応させ、その反応液の難溶性カルシウム化合物を除去した後に、塩化カルシウムの水溶液を保存する槽に循環させ処理する。そして、水酸化カルシウム又は炭酸カルシウムを含む水溶液又は懸濁液を、塩化カルシウムの水溶液を保存する槽に導入し、塩化カルシウムに変換し、カルシウム分を補う。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2006-304118_1.gif thum_2006-304118_2.gif
Research field
  • Chemical reactor
  • Unit process
  • Settling
Seeds that can be deployed (In Japanese)ハロゲン化合物からハロゲンを回収し、無害化処理し、高純度のハロゲン化合物、耐久性があり、効率良く処理する方法及び装置を提供する。
水酸化カルシウム又は炭酸カルシウムを含む水溶液又は懸濁液に燃焼ガスに含まれた塩化水素を溶解させた水溶液を導入し、水溶液を塩化カルシウムを含む水溶液に変換したため、溶液中に含まれるカルシウムイオンの濃度が高いため、水溶液中のハロゲン化合物を確実に処理することができる。塩化カルシウムの水溶液を保存する槽に、難溶性カルシウム化合物を生成するハロゲン化合物が入ることはない。
Usage Use field (In Japanese)フッ化カルシウム
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人豊橋技術科学大学, . (In Japanese)金 煕濬, 南 亘, . TREATMENT METHOD AND ITS ARRANGEMENT OF HALOGEN COMPOUND. P2008-119572A. May 29, 2008
  • C02F   1/58     
  • B01D  53/68     
  • B01D  53/77     

PAGE TOP