Top > Search Technology seeds > METHOD FOR DEGRADING PLASTIC AND MICROORGANISM

METHOD FOR DEGRADING PLASTIC AND MICROORGANISM

Seeds code S110005370
Posted date Jan 11, 2011
Researchers
  • (In Japanese)徳山 真治
Name of technology METHOD FOR DEGRADING PLASTIC AND MICROORGANISM
Technology summary (In Japanese)プラスチック分解能を有するサーモアクチノマイセス属に属する微生物又はその破砕物を用いて、プラスチックを分解するプラスチックの分解方法である。プラスチックは、分子構造中にエステル結合を有するプラスチックである。サーモアクチノマイセス属に属する微生物は、サーモアクチノマイセス・ブルガリス、サーモアクチノマイセス・ディコトミカス、サーモアクチノマイセス・インターメディウス、サーモアクチノマイセス・プチダス、サーモアクチノマイセス・サッカリから選択された少なくとも一つ、特にサーモアクチノマイセス・ブルガリスT7-1(FERM AP-20919)である。T7-1株は、森林土壌から、50℃の温度条件下でポリ乳酸を分解可能な微生物として分離された菌であり、形態的特徴は放線菌に類似しているが、内生胞子を有し、プラスチックの分解について優れた能力を有する。この微生物の培養条件及びプラスチックの分解処理条件としては、pH6.0~8.0、50~55℃が好ましい。
Seeds that can be deployed (In Japanese)プラスチックを効率よく分解可能なプラスチック分解方法及びこれに利用可能な微生物を提供する。
プラスチックを効率よく分解可能なプラスチック分解方法及びこれに利用可能な微生物を提供することができる。T7-1株はポリブチレンサクシネート・アジペート(PBSA)を7日間で分解し、その分解活性は従来の菌株よりも優れている。
Usage Use field (In Japanese)プラスチック分解
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人静岡大学, . (In Japanese)徳山 真治, . METHOD FOR DEGRADING PLASTIC AND MICROORGANISM. P2007-319077A. Dec 13, 2007
  • C12N   1/20     
  • C12R   1/01     

PAGE TOP