Top > Search Technology seeds > 1-FLUORO-1,1-BIS(PHENYLSULFONYL)METHANE AND ITS MANUFACTURINGING METHOD

1-FLUORO-1,1-BIS(PHENYLSULFONYL)METHANE AND ITS MANUFACTURINGING METHOD

Seeds code S110005384
Posted date Jan 11, 2011
Researchers
  • (In Japanese)融 健
  • (In Japanese)柴田 哲男
  • (In Japanese)中村 修一
  • (In Japanese)福澄 岳雄
Name of technology 1-FLUORO-1,1-BIS(PHENYLSULFONYL)METHANE AND ITS MANUFACTURINGING METHOD
Technology summary (In Japanese)式(1):(ArSO2)CH2(Arは置換または無置換フェニル基、ナフチル基を表す)で表されるビス(アリールスルホニル)メタンを塩基と処理し、ついで、フッ素化試薬を加えることにより式(2):(ArSO2)CHFで表されるフルオロビス(アリールスルホニル)メタンを製造する。Arがフェニル基であることが好ましい。フッ素化試薬は、N-フルオロベンゼンスルホンイミド、N-フルオロ-N-メチル-P-トルエンスルホンアミド等である。(2)を塩基と処理し、カルボアニオンを生成し、ついで、化合物(3)と求核反応することにより、フルオロビス(アリールスルホニル)メチル化された生成物(4)を得ることができる。(4)は、脱スルホニル化反応に供することによりモノフルオロメチル化生成物に簡便に変換できる。又、α,β―不飽和カルボニル化合物へのβ―付加反応(反応式1)、ケトンまたはアルデヒドへの付加反応(反応式2)、イミンへの付加反応(反応式3)等によりフルオロビス(アリールスルホニル)メチル化された生成物を得ることができる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2006-057330_1.gif thum_2006-057330_2.gif
Research field
  • Manufacturing of various organic compounds
  • Organic reactions in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)モノフルオロメチル化に有用な新規1-フルオロ-1,1-ビス(アリールスルホニル)メタンおよびその製造法を提供する。
この化合物はモノフルオロメチル化試薬として用いることができる。式1で表される置換反応において光学活性配位子を用いて各種触媒と反応させることにより、光学活性フルオロビス(アリールスルホニル)メチル化された生成物を得ることができる。
Usage Use field (In Japanese)モノフルオロメチル化試薬、医薬品原料
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 名古屋工業大学, 東ソー・ファインケム株式会社, . (In Japanese)融 健, 柴田 哲男, 中村 修一, 福澄 岳雄, . 1-FLUORO-1,1-BIS(PHENYLSULFONYL)METHANE AND ITS MANUFACTURINGING METHOD. P2007-230961A. Sep 13, 2007
  • C07C 315/04     
  • C07C 317/14     
  • C07B  39/00     

PAGE TOP