Top > Search Technology seeds > CATALYST FOR PRODUCING HYDROGEN

CATALYST FOR PRODUCING HYDROGEN

Seeds code S110005403
Posted date Jan 11, 2011
Researchers
  • (In Japanese)永岡 勝俊
  • (In Japanese)瀧田 祐作
  • (In Japanese)永楽 俊和
  • (In Japanese)西口 宏泰
Name of technology CATALYST FOR PRODUCING HYDROGEN
Technology summary (In Japanese)希土類リン酸塩を焼成したものを担体とし、活性金属として貴金属であるRu、Rh、Pd、Ir、Pt、あるいは非貴金属であるNi、Coの少なくとも1種類または混合物を含むことを特徴とする水素製造用触媒にある。触媒は炭化水素を改質し、水素を含む生成ガスを製造する触媒である。ここで、炭化水素とは天然ガスや天然ガスの主成分であるメタン、プロパンガス(プロパン、ブタンなどを含む)、液化石油ガス、ガソリン、ディーゼル、石油、灯油、ナフサなどであるが、特に天然ガスやメタンが好ましい。また改質反応は、炭化水素と水蒸気、空気、酸素、または二酸化炭素、またはこれらを組み合わせたものとの反応であるが、特に反応速度、安全性を考慮するとオートサーマル改質とよばれる炭化水素と、空気またはO2、およびスチームの混合物との反応が好ましい。さらに酸素源として空気中のO2を用いると、純O2を得る際に必要なN2とO2の分離プロセスを省くことができ、そのコストを削減できるため好ましい。
Research field
  • Nobel metal catalysts
  • Catalysts
  • Manufacturing of gaseous fuels
Seeds that can be deployed (In Japanese)これまでメタン改質触媒の担体として数例しか報告のないリン酸塩を担体とし、メタンオートサーマル改質による水素製造反応を行い、リン酸塩担体の種類を最適化した水素製造用触媒を提供する。
活性金属が単に酸化物に酸化されるため、起動時に炭化水素により還元され、活性な金属状態になり易く、この触媒では水素による還元処理が不必要である。
Usage Use field (In Japanese)燃料電池システム、固体高分子型燃料電池、固体酸化物型燃料電池、溶融炭酸塩型燃料電池、部分酸化反応、スチーム改質反応、炭酸ガス改質反応、オートサーマル改質反応
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 大分大学, . (In Japanese)永岡 勝俊, 瀧田 祐作, 永楽 俊和, 西口 宏泰, . CATALYST FOR PRODUCING HYDROGEN. P2006-281205A. Oct 19, 2006
  • B01J  27/185    
  • C01B   3/40     
  • C01B  25/45     

PAGE TOP