Top > Search Technology seeds > FIR ACTIVE THERMOGRAPHY TESTING EQUIPMENT

FIR ACTIVE THERMOGRAPHY TESTING EQUIPMENT

Seeds code S110005472
Posted date Jan 12, 2011
Researchers
  • (In Japanese)水戸部 一孝
  • (In Japanese)吉村 昇
Name of technology FIR ACTIVE THERMOGRAPHY TESTING EQUIPMENT
Technology summary (In Japanese)FIRアクティブ・サーモグラフィ検査装置は、遠赤外線領域の光源又は電磁波の発信器1と、測定対象物の温度分布を測定するサーマルカメラ2及び画像処理装置3とで構成される。発信器と測定対象物との間に遠赤外線放射の開始・停止を実現するためのシャッター機構4及びシャッター開閉制御ユニット5を設ける。更にシャッター機構と測定対象物との間にサーマルカメラによる温度分布を撮影するためのハーフミラー6を設ける。被験者(測定対象物)には仰臥姿勢を保ち、可能な限り動かないように教示し、脱衣後、体温が室温と平衡状態に達するまで5分間待機した後、FIRヒータ(発信器1)で1分間、30秒間のインターバルを置き2回加熱した後、連続してさらに6分間加熱する。これらの過程をサーマルカメラ2で撮影する。加熱の初期段階において血管と悪性腫瘍部の昇温特性が異なるとの知見は本発明の根幹となる考えであり、赤外線画像から悪性腫瘍部を自動抽出するプログラムを作成する上で必要不可欠な知見になっている。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2006-040540.gif
Research field
  • Biometry
  • Medical instruments and apparatuses
  • Medical image processing
Seeds that can be deployed (In Japanese)遠赤外線(FIR)放射加熱により能動的に体表面を加熱して体表面付近の組織の熱伝導・熱容量・比熱の違いに基づく生体情報を画像化するFIRアクティブ・サーモグラフィ検査装置を提供する。
このFIRアクティブ・サーモグラフィ検査装置では、体外から熱を加えてその応答を計ることで血管、脂肪、筋肉及び腫瘍の弁別を可能にし、乳癌検査の正診率を向上させることができる。FIR帯域の電磁波が体表面で吸収され熱エネルギーに変換される特徴を活かし、従来のサーモグラフィ検査では得られない体表面付近の熱容量、比熱等の違いを熱画像から収集するための検査システムである。
Usage Use field (In Japanese)FIRアクティブ・サーモグラフィ検査装置、癌診断
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人秋田大学, . (In Japanese)水戸部 一孝, 吉村 昇, . FIR ACTIVE THERMOGRAPHY TESTING EQUIPMENT. P2007-215809A. Aug 30, 2007
  • A61B   5/01     
  • A61B  10/00     
  • G01J   5/48     

PAGE TOP