Top > Search Technology seeds > TENSION ADJUSTING DEVICE AND SPACE STRUCTURE

TENSION ADJUSTING DEVICE AND SPACE STRUCTURE

Seeds code S110005514
Posted date Jan 12, 2011
Researchers
  • (In Japanese)藤井 裕矩
  • (In Japanese)草谷 大郎
  • (In Japanese)渡部 武夫
Name of technology TENSION ADJUSTING DEVICE AND SPACE STRUCTURE
Technology summary (In Japanese)テザー(T)の微小変動を吸収するように弾性変形可能な微小変動吸収部(17)を有し、宇宙構造物(1)に所定の微小張力で張架されるテザー(T)に張力を作用させる張力作用部材(17~19)と、張力作用部材(17~19)の位置を調節する位置調節部材(12)と、を有する。位置調節部材(M1)により張力作用部材(17~19)の位置を調節することによりテザー(T)の張力を調節する。微小変動吸収部によるテコの原理を利用して変位を拡大して検出した張力に基づいて、位置調節部材により張力作用部材の位置を調節する。微小変動吸収部によるテコの原理を利用して作用する張力を縮小してテザーの張力を調節する。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2006-343357.gif
Research field
  • Special structures
Seeds that can be deployed (In Japanese)宇宙空間で使用される太陽電池パネルや宇宙ステーション、人工衛星等の宇宙構造物では、宇宙空間での展開や構造物どうしの連結、あるいは、構造物の位置制御、姿勢制御等のために、ケブラー(登録商標)等のアラミド繊維や、アルミを織り込んで作成された紐状、ワイヤー状のテザーと呼ばれる部材が使用される。テザーの張力の微小な変動を抑制する。
微小な張力の変動が発生しても微小変動吸収部で吸収でき、テザーにほぼ所定の張力を付与した状態で保持できる。この結果、テザーの張力の微小な変動を抑制できる。モータの回転により巻取り部のテザーを巻き取ったり送り出したりできるとともに、微小変動吸収部で微小な張力の変動を吸収できる。
Usage Use field (In Japanese)人工衛星、太陽電池パネル、大気観測機、宇宙ステーション
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)公立大学法人首都大学東京, . (In Japanese)藤井 裕矩, 草谷 大郎, 渡部 武夫, . TENSION ADJUSTING DEVICE AND SPACE STRUCTURE. P2008-155663A. Jul 10, 2008
  • B64G   1/24     
  • B64G   1/38     

PAGE TOP