Top > Search Technology seeds > METHOD OF MANUFACTURING METAL SULFIDE AND METAL SULFIDE

METHOD OF MANUFACTURING METAL SULFIDE AND METAL SULFIDE

Seeds code S110005527
Posted date Jan 12, 2011
Researchers
  • (In Japanese)手塚 慶太郎
  • (In Japanese)単 躍進
  • (In Japanese)井本 英夫
Name of technology METHOD OF MANUFACTURING METAL SULFIDE AND METAL SULFIDE
Technology summary (In Japanese)出発原料として、Cu、Ni、Fe、Co、Zn、Ag、Cd、Sb、Ga、In、Sn、Ge、Pb、Bi、Ru、Ti、Al、Cr、Mn、Ir、V、希土類元素、Zr、Hf、Ta、Nb、Tl、Re、W、As、Si及びMo等からなる群から選ばれる少なくとも一つの元素の酸化物(金属酸化物)又は、Ni、Fe、Co、Zn、Ag、Cd、Sb、Ga、In、Sn、Ge、Pb、Bi、Ru、Ti、Al、Cr、Ir、V、希土類元素、Rh、Pd、Pt、Os、Au、Tl、Re、W、Hg、As,Si及びMoからなる群から選ばれる少なくとも一つの金属単体と、硫黄原料とを用いる。金属酸化物や金属単体の材料の粒径は、種類、反応条件、得られる金属硫化物等により最適な範囲は異なるが、通常1μm以上200μm以下、好ましくは、2μm以上100μm以下が好適である。そして、出発原料を水熱反応条件下又はソルボサーマル反応条件下で反応させて金属硫化物を得る。
Research field
  • Materials of solid‐state devices
  • Manufacturing technology of solid‐state devices
Seeds that can be deployed (In Japanese)簡便で低コストな金属硫化物の合成方法、及びこの合成方法により得られる金属硫化物を提供する。
出発原料をシンプルにすることができ、不純物の生成が抑制されやすくなり、高収率で金属硫化物を製造できる。
Usage Use field (In Japanese)金属硫化物、EL、半導体、蛍光体
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人宇都宮大学, . (In Japanese)手塚 慶太郎, 単 躍進, 井本 英夫, . METHOD OF MANUFACTURING METAL SULFIDE AND METAL SULFIDE. P2008-056552A. Mar 13, 2008
  • C01B  17/20     
  • C01G  53/11     
  • C01G  49/00     
  • C01G  51/00     
  • C01G   9/08     
  • C01G   5/00     
  • C01G  11/02     

PAGE TOP