Top > Quick Search > Search Technology seeds > Nb3Sn SUPERCONDUCTING WIRE, MANUFACTURING METHOD OF THE SAME, AND SINGLE CORE COMPOSITE WIRE USED FOR MANUFACTURE OF Nb3Sn SUPERCONDUCTING WIRE

Nb3Sn SUPERCONDUCTING WIRE, MANUFACTURING METHOD OF THE SAME, AND SINGLE CORE COMPOSITE WIRE USED FOR MANUFACTURE OF Nb3Sn SUPERCONDUCTING WIRE

Seeds code S110005539
Posted date Jan 12, 2011
Researchers
  • (In Japanese)井上 廉
Name of technology Nb3Sn SUPERCONDUCTING WIRE, MANUFACTURING METHOD OF THE SAME, AND SINGLE CORE COMPOSITE WIRE USED FOR MANUFACTURE OF Nb3Sn SUPERCONDUCTING WIRE
Technology summary (In Japanese)Nb3Sn超伝導線の製造方法は、Ag-Sn合金を含むマトリックス材にNb材11を含む芯材を組み込んだ複合体を細線化した後に、Nb3Snフィラメントが生成されるように加熱処理を行い、Ag-Sn合金12のSn濃度を、Ag-Sn合金がfcc相とζ相とが混在する状態になり得る濃度として複合体の細線化をAg-Sn合金12がfcc相とζ相とが混在する状態になる温度で行う。または、Ag-Sn合金12のSn濃度をAg-Sn合金12がζ相となり得る濃度として複合体の細線化をAg-Sn合金12がζ相となる温度で行う。Ag-Sn合金12におけるSn濃度を横軸、温度を縦軸にとった相図では、Sn濃度が11.8at%~22.85at%、温度が0℃~724℃の領域において、Ag-Sn合金12がζ相となり得る。Sn濃度が9.35at%以下で温度が極端に高温となっていない領域では、Ag-Sn合金12はfcc相をとる。このfcc相においては十分な加工性が得られることはζ相領域においては、Ag-Sn合金12の加工性が良いことから、このζ相において細線化加工を行ってNb3Sn超伝導線を得ることができる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2006-152136.gif
Research field
  • Superconducting materials
  • Electric wires and cables
Seeds that can be deployed (In Japanese)ζ相のAg-Sn合金を含むマトリックス材にNb材を含む芯材が組み込まれ、芯材とAg-Sn合金との境界部にNb3Snが形成されたNb3Sn超伝導線を提供する。
高磁場下での線材のoverallJC(全断面積当たりの臨界電流密度)を改善し、特に、好適な形態では20T近傍のoverallJCを3~4倍程度向上し、しかも、n値はブロンズ法による超伝導線材と同程度が期待できるNb3Sn極細多芯超伝導線を提供することができるため、高性能のMMRスペクトロメーターを製造することができる。
Usage Use field (In Japanese)マトリックス材、芯材
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人徳島大学, . (In Japanese)井上 廉, . Nb3Sn SUPERCONDUCTING WIRE, MANUFACTURING METHOD OF THE SAME, AND SINGLE CORE COMPOSITE WIRE USED FOR MANUFACTURE OF Nb3Sn SUPERCONDUCTING WIRE. P2007-012600A. Jan 18, 2007
  • H01B  13/00     
  • H01B  12/10     

PAGE TOP