Top > Search Technology seeds > ORGANIZING CASE AND ORGANIZING METHOD

ORGANIZING CASE AND ORGANIZING METHOD

Seeds code S110005546
Posted date Jan 12, 2011
Researchers
  • (In Japanese)福岡 順也
Name of technology ORGANIZING CASE AND ORGANIZING METHOD
Technology summary (In Japanese)生物組織2が表面に露出する状態で固化剤3中に埋められた多数の包埋ブロック4と、包埋ブロック4から切り出した組織片5が載せてあるスライドガラス6と、を収容する整理ケース11である。多数の包埋ブロック4を平面視して縦横に区画して収容する包埋ブロック収納部13と、スライドガラス6を収容するスライドガラス収納部14と、を備え、包埋ブロック4とスライドガラス6の配列を対応させる。また、包埋ブロック収納部とスライドガラス収納部は、包埋ブロック及びスライドガラスを上向きに収容する。スライドガラス収納部は、複数枚のファイルシート27を横に位置をずらして部分的に重なり合う状態でプレートに止める。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2006-076577.gif
Research field
  • Research methods in biological sciences in general
  • Microscopic methods of living organisms
Seeds that can be deployed (In Japanese)生物組織が表面に露出する状態で固化剤中に埋められた多数の包埋ブロックと、包埋ブロックから切り出した組織片が載せてあるスライドガラスとの対応関係の把握に役立つ整理ケース及び整理方法を提供する。
包埋ブロックとそれに対応するスライドガラスを一度に収納できるし、次の機会に一挙に探し出すことができる。包埋ブロックとスライドガラスの対応関係を、生物組織や組織片の形状から目で把握でき、収納する際に包埋ブロックとスライドガラスの収納位置を作業者が間違って、対応関係が崩れるのを予防できる。ケース本体を上下に仕切って包埋ブロック収納部とスライドガラス収納部を入れてあるので、寸法をコンパクトにできるし、その上、下段の引き出し及び上蓋を開ければ、包埋ブロック収納部とスライドガラス収納部の配列が一挙に目視でき、確認しやすい。
Usage Use field (In Japanese)生物組織検査、病理組織検査、顕微鏡観察、タンパク抗体試薬
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人富山大学, . (In Japanese)福岡 順也, . ORGANIZING CASE AND ORGANIZING METHOD. P2007-255896A. Oct 4, 2007
  • G01N   1/04     
  • G01N   1/28     
  • G01N   1/36     

PAGE TOP