Top > Search Technology seeds > ELECTRIC SWITCH MACHINE

ELECTRIC SWITCH MACHINE

Seeds code S110005596
Posted date Jan 12, 2011
Researchers
  • (In Japanese)五十嵐 義信
  • (In Japanese)西山 幸夫
Name of technology ELECTRIC SWITCH MACHINE
Technology summary (In Japanese)鎖錠装置の主、副鎖錠かんの長手方向両端部に同一形状の第1棒状部材を設ける。各鎖錠かんの位置調整機構を、接続かんに結合された連結部からその接続かんと反対方向に延びる第2棒状部材と、主・副鎖錠かんの一端部の第1棒状部材と、第2棒状部材に保持され、第1棒状部材の端部と第2棒状部材の端部とを対向させた状態でそれら両棒状部材の材軸方向における相対的位置関係を調整する調整部材とで構成する。主・副鎖錠かんの他端部の第1棒状部材を連結し、かつ、調整機構により位置調整した後の位置に固定する固定部を備えた。右据付から左据付に又はその逆に換える場合は、主鎖錠かん及び副鎖錠かんの全体を反転する必要なしに、そのまま据付位置を換え、主鎖錠かん及び副鎖錠かんの両端部の結合相手を調整機構と固定部のいずれかに換えるだけで済む。従って、据付位置が左右いずれであっても、鎖錠装置の構成部品の組立位置が同じであり、据付位置の変更も容易である。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2006-072065.gif
Research field
  • Track structure, track materials
  • Signal, safety
Seeds that can be deployed (In Japanese)鎖錠かん全体の反転を必要とせずに右据付と左据付のいずれも可能で、主、副いずれの鎖錠かんも独立して位置調整ができる鎖錠装置を備えた電気転てつ機を提供する。
主鎖錠かん及び副鎖錠かんの調整機構はそれぞれ独立して調整可能であり、固定部は主鎖錠かん及び副鎖錠かんをそれぞれ前記調整機構により独立して位置調整をした後に固定するものであるので、主鎖錠かん又は副鎖錠かんもしくはその双方を、互いに他に影響を及ぼすことなく、鎖錠かんの位置調整を能率的に行うことができる。
Usage Use field (In Japanese)鎖錠装置、トングレール
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所, . (In Japanese)五十嵐 義信, 西山 幸夫, . ELECTRIC SWITCH MACHINE. P2007-245917A. Sep 27, 2007
  • B61L   5/10     
  • E01B   7/02     

PAGE TOP