Top > Search Technology seeds > (In Japanese)新規な育毛剤

(In Japanese)新規な育毛剤

Seeds code S110005629
Posted date Jan 14, 2011
Researchers
  • (In Japanese)吉川 正明
  • (In Japanese)釣木 隆弘
  • (In Japanese)伊藤 綾香
Name of technology (In Japanese)新規な育毛剤
Technology summary (In Japanese)Met-Phe-Arg(MFR)で表される新規ペプチドであり、Met-Phe(MF)で示されるペプチド又はMet-Phe-Argで示されるペプチドを有効成分とする育毛剤である。これらのペプチドは、毛乳頭細胞における血管内皮細胞増殖因子の遺伝子発現を促進することにより育毛作用を発現する。この育毛剤を有効成分として育毛医薬品、育毛食品、育毛化粧品に用いる。種々のペプチドを飼料に混合してマウスに経口摂取させることによりその育毛効果を検討し、これらのペプチドを見出す。MFRで示されるペプチドは、塩基性アミノ酸であるArgが結合しているためMFより溶解性が向上している。図はは、コントロール群、MF投与群、MFR投与群において、ヒト頭髪毛乳頭細胞における血管内皮細胞増殖因子mRNAの発現量を比較したグラフである。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2006-514022.gif
Research field
  • Clinical application of vasoactive drugs and hypotensive drugs
  • Proteins and peptides in general
  • Pharmaceutical preparations in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)Met-Leu-Phe(MLP)に近縁したペプチドにおいて育毛作用を有するペプチドを探索し、好ましくは経口投与で有効な新規な育毛ペプチドを得る。
この育毛ペプチドは経口投与で有効であるという利点を有するが、それに限定されるものではなく、投与経路としては、経口投与、非経口投与、直腸内投与のいずれを採用することもできる。このペプチドを有効成分と含有する育毛医薬品、育毛食品や育毛化粧品を開発することが可能である。
Usage Use field (In Japanese)育毛医薬品、育毛食品、育毛化粧品
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人京都大学, . (In Japanese)吉川 正明, 釣木 隆弘, 伊藤 綾香, . (In Japanese)新規な育毛剤. . May 15, 2008
  • C07K   5/083    
  • A61K  38/00     
  • A61P  17/14     
  • A61K   8/64     
  • A61Q   7/00     
  • A61P  43/00     
  • A23L   1/305    
  • C12N  15/09     
  • C07K   5/062    

PAGE TOP