Top > Search Technology seeds > PRECURSOR GLASS FOR LITHIUM SECONDARY BATTERY POSITIVE ELECTRODE MATERIAL, POSITIVE ELECTRODE MATERIAL, AND MANUFACTURING METHOD OF THEM

PRECURSOR GLASS FOR LITHIUM SECONDARY BATTERY POSITIVE ELECTRODE MATERIAL, POSITIVE ELECTRODE MATERIAL, AND MANUFACTURING METHOD OF THEM

Seeds code S110005699
Posted date Jan 14, 2011
Researchers
  • (In Japanese)小松 高行
  • (In Japanese)本間 剛
  • (In Japanese)紅野 安彦
  • (In Japanese)広瀬 景太
Name of technology PRECURSOR GLASS FOR LITHIUM SECONDARY BATTERY POSITIVE ELECTRODE MATERIAL, POSITIVE ELECTRODE MATERIAL, AND MANUFACTURING METHOD OF THEM
Technology summary (In Japanese)モル%表示で、Li2Oが10~50%、Fe2O3が10~40%、P2O5が20~50%、MgO、TiO2等及び希土類酸化物から選ばれる少なくとも1種が0.5~32%の割合となるように、各成分の出発原料を混合する。各成分の出発原料には制限はないが、Li2O源としてはLi2CO3、Fe2O3源としてはFe(II)C2O4、P2O5源としてはNH4H2PO4が好適である。混合物を溶融、冷却することでガラス体(前駆体ガラス)が得られる。前駆体ガラスを成型加工した後、熱処理またはレーザ照射によりNASICON型、オリビン型またはスピネル型の各結晶、あるいはこれらの固溶体を析出させて結晶化させて、リチウム二次電池正極材料が得られる。結晶化ガラスは、リチウム鉄リン酸塩ガラスをベースとし、鉄サイトを前駆体ガラスを作製する際に添加した原料に由来するMg、Ti、V等、希土類で置換した構造を持ち、例えばNASICON型結晶はLi3Fe2(PO43の鉄サイト、オリビン型結晶はLiFePO4の鉄サイトを置換したものである。何れの結晶になるかは、混合物の配合による。
Research field
  • Secondary batteries
  • Materials of solid‐state devices
  • Manufacturing technology of solid‐state devices
Seeds that can be deployed (In Japanese)配向性が高く、イオン導電性に優れるLiFePO4結晶系のリチウム二次電池正極材料を提供する。
配向性が高く、イオン導電性に優れるLiFePO4結晶系のリチウム二次電池正極材料を、簡便な方法により効率よく得ることができる。
Usage Use field (In Japanese)前駆体ガラス、レーザ
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人長岡技術科学大学, . (In Japanese)小松 高行, 本間 剛, 紅野 安彦, 広瀬 景太, . PRECURSOR GLASS FOR LITHIUM SECONDARY BATTERY POSITIVE ELECTRODE MATERIAL, POSITIVE ELECTRODE MATERIAL, AND MANUFACTURING METHOD OF THEM. P2008-047412A. Feb 28, 2008
  • H01M   4/58     

PAGE TOP