Top > Search Technology seeds > METAL NANOPARTICLES-CARBON COMPOSITE, CATALYST COMPRISING THE SAME, AND METHOD OF FABRICATING NANOCARBONS USING THE SAME, AND NANOCARBONS

METAL NANOPARTICLES-CARBON COMPOSITE, CATALYST COMPRISING THE SAME, AND METHOD OF FABRICATING NANOCARBONS USING THE SAME, AND NANOCARBONS

Seeds code S110005800
Posted date Sep 30, 2011
Researchers
  • (In Japanese)瀧田 祐作
  • (In Japanese)西口 宏泰
  • (In Japanese)永岡 勝俊
  • (In Japanese)柏木 猛
Name of technology METAL NANOPARTICLES-CARBON COMPOSITE, CATALYST COMPRISING THE SAME, AND METHOD OF FABRICATING NANOCARBONS USING THE SAME, AND NANOCARBONS
Technology summary (In Japanese)金属ナノ粒子が炭素材料に分散された複合体が得られ、これを前駆体として用いることによって、従来知られていたナノカーボン類の製造法と比較して、安価に効率的に大量生産することができた。炭素含有化合物(セルロース1)および金属含有化合物(硝酸ニッケル2)を用い、反応装置(600-2400℃)を用いて反応を行った。生成した炭素の回収には、生成物を含む反応ガスを、水を入れておいた容器にバブリングさせることによって行った(生成炭素捕集装置8)。その結果、生成炭素捕集装置に、生成した複合体が沈降しているのが確認された。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2007-043265.GIF
Research field
  • Atomic and molecular clusters
Seeds that can be deployed (In Japanese)工業的に有用なナノカーボン類を、従来から知られている、糖類の熱分解を応用・改良したプロセスを用いて、金属ナノ粒子-炭素複合体を前駆体として用いて安価に大量生産する方法を提供する。
金属ナノ粒子が炭素材料に分散された複合体が得られ、これを前駆体として用いることによって、従来知られていたナノカーボン類の製造法と比較して、安価に効率的に大量生産することが可能となり、各種用途、例えば樹脂や塗料の機能性フィラー、電極材等の各種電池材料、水素吸蔵材料、その他電気・電子デバイス等への応用が考えられる。さらに、従来は大量生産が困難であった、チューブ径の小さいカーボンナノチューブをも製造することが可能となる。
Usage Use field (In Japanese)樹脂や塗料の機能性フィラー、電極材等の各種電池材料、水素吸蔵材料、その他電気・電子デバイス
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 大分大学, . (In Japanese)瀧田 祐作, 西口 宏泰, 永岡 勝俊, 柏木 猛, . METAL NANOPARTICLES-CARBON COMPOSITE, CATALYST COMPRISING THE SAME, AND METHOD OF FABRICATING NANOCARBONS USING THE SAME, AND NANOCARBONS. P2007-290949A. Nov 8, 2007
  • C01B  31/02     
  • B01J  23/42     
  • B01J  23/755    
  • B01J  35/02     
  • B01J  23/75     

PAGE TOP