Top > Quick Search > Search Technology seeds > METHOD, DEVICE, AND PROGRAM FOR DISCRIMINATING STATE OF PLANT CULTURE CELL LUMP

METHOD, DEVICE, AND PROGRAM FOR DISCRIMINATING STATE OF PLANT CULTURE CELL LUMP

Seeds code S110005887
Posted date Oct 4, 2011
Researchers
  • (In Japanese)荊木 康臣
Name of technology METHOD, DEVICE, AND PROGRAM FOR DISCRIMINATING STATE OF PLANT CULTURE CELL LUMP
Technology summary (In Japanese)培養細胞を撮影して得られた画像についてテクスチャ解析を行い、画像として表された培養細胞についてのフライアブル、コンパクトの状態の評価を行う。テクスチャ解析では、画像についてコンピュータで画像処理を行う上で、画像は多数の微小な画素が配列されたものとして扱われ、画像データとしては画像を構成する各画素について濃度値が与えられている。この濃度値を統計的に処理することで、画像の特徴を表すことができる。簡単な特徴量として画像の濃度ヒストグラムの平均、標準偏差があるが、これらは撮影条件の影響を受けやすい。そこで、濃度値の配列に注目した画像の特徴量の計算方法として、テクスチャ解析を用いることを考える。テクスチャは簡単に言えば模様である。ある画像のテクスチャ情報はその画像中の画像濃度値の空間的相互関係に一様に含まれていると仮定すると、その画像のテクスチャ特徴量は全て濃度共起行列から導き出される。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2007-073835.gif
Research field
  • Plant physiology in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)カルスの状態に客観的な指標を与え、簡便で再現性よく客観的に評価できるようにする植物培養細胞塊の状態を判別する方法、そのための装置および植物培養細胞塊の状態を判別するためのプログラムを提供する。
カルスのカラー画像をグレースケール変換した画像と、カラー画像の色成分画像をグレースケール変換した画像とについてそれぞれ濃度共起行列法を用いたテクスチャ解析を行い画像の特徴量としてのエントロピー値を算出し、同じ色成分間または異なる色成分間でのエントロピー値を対比させることによりフライアブル・カルスとコンパクト・カルスとを分離させることができる。また、この手法でカルスの状態の判別を行う上で、十分な明るさの照明光を側方から照明して撮影した画像と斜め方向から照射して撮影した画像との両方についてテクスチャ解析を行うことによりフライアブル・カルスとコンパクト・カルスとの分離が良好になされる。
Usage Use field (In Japanese)植物培養細胞塊の状態を判別するための装置、植物培養細胞塊の状態を判別するためのプログラム
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人山口大学, . (In Japanese)荊木 康臣, . METHOD, DEVICE, AND PROGRAM FOR DISCRIMINATING STATE OF PLANT CULTURE CELL LUMP. P2008-261631A. Oct 30, 2008
  • G01N  21/27     
  • C12M   1/34     
  • G01N  33/48     
  • C12Q   1/04     

PAGE TOP