Top > Quick Search > Search Technology seeds > SITE-SPECIFIC BINDING OF EXTRANEOUS MOLECULE TO PROTEIN, AND UTILIZATION OF THE BINDING

SITE-SPECIFIC BINDING OF EXTRANEOUS MOLECULE TO PROTEIN, AND UTILIZATION OF THE BINDING

Seeds code S110005897
Posted date Oct 5, 2011
Researchers
  • (In Japanese)神谷 典穂
  • (In Japanese)富永 譲
  • (In Japanese)丸山 達生
  • (In Japanese)後藤 雅宏
Name of technology SITE-SPECIFIC BINDING OF EXTRANEOUS MOLECULE TO PROTEIN, AND UTILIZATION OF THE BINDING
Technology summary (In Japanese)トランスグルタミナーゼ(TGase)を用いて、ペプチド又は蛋白質へ部位特異的に外来分子を連結する方法であって、ペプチド又はタンパク質が、TGaseが認識可能なリシン(Lys)残基又は第1級アミンを有するものであり、そして外来分子が、核酸であり、TGaseが認識可能なグルタミン(Gln)残基を有し、かつ標的分子に特異的に結合可能な配列を有するものであり、連結が、標的分子に特異的に結合可能にされるものであり、連結反応の際、TGaseが認識可能なGln残基を有する核酸に対する、TGaseが認識可能なLys残基又は第1級アミンを有するペプチド又はタンパク質のモル濃度比が、2以上である方法である。】図は、Z-QG-DNAの調製スキームを示す。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2006-299023.GIF
Research field
  • Biochemical analytical methods
Seeds that can be deployed (In Japanese)トランスグルタミナーゼ(TGase)を用いて、蛋白質に部位特異的に核酸を連結する方法及び核酸―蛋白質ハイブリッドを提供する。
蛋白質の部位特異的に核酸を連結したハイブリッドはinsituハイブリダイゼーション、DNA/プロテインチップ、バイオセンサーとして利用することができる。
Usage Use field (In Japanese)バイオセンサー 核酸/蛋白質チップ プローブ
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人九州大学, . (In Japanese)神谷 典穂, 富永 譲, 丸山 達生, 後藤 雅宏, . SITE-SPECIFIC BINDING OF EXTRANEOUS MOLECULE TO PROTEIN, AND UTILIZATION OF THE BINDING. P2008-054658A. Mar 13, 2008
  • C12P  21/02     
  • C12P  19/34     
  • C07K  17/00     
  • C12Q   1/68     
  • C12N  15/09     

PAGE TOP