Top > Search Technology seeds > GENE CODING FOR D40, CASC5 OR SPLICING ISOFORM PROTEIN OF CANCER-TESTIS ANTIGEN PROTEIN, METHOD FOR INDUCING PREVENTION OF PROLIFERATION/MITOSIS OF CANCER CELL AND DEATH OF CELL BY BRINGING THE GENE PRODUCT AS TARGET AND METHOD FOR SCREEING MATERIAL

GENE CODING FOR D40, CASC5 OR SPLICING ISOFORM PROTEIN OF CANCER-TESTIS ANTIGEN PROTEIN, METHOD FOR INDUCING PREVENTION OF PROLIFERATION/MITOSIS OF CANCER CELL AND DEATH OF CELL BY BRINGING THE GENE PRODUCT AS TARGET AND METHOD FOR SCREEING MATERIAL

Seeds code S110005920
Posted date Oct 5, 2011
Researchers
  • (In Japanese)瀧本 将人
  • (In Japanese)ユリ ウラタ
  • (In Japanese)葛巻 暹
Name of technology GENE CODING FOR D40, CASC5 OR SPLICING ISOFORM PROTEIN OF CANCER-TESTIS ANTIGEN PROTEIN, METHOD FOR INDUCING PREVENTION OF PROLIFERATION/MITOSIS OF CANCER CELL AND DEATH OF CELL BY BRINGING THE GENE PRODUCT AS TARGET AND METHOD FOR SCREEING MATERIAL
Technology summary (In Japanese)癌細胞中における癌・精巣抗原タンパク質D40或いはCASC5、又は、該癌・精巣抗原タンパク質のスプライシングアイソフォームタンパク質をコードする遺伝子の発現を抑制することにより癌細胞の増殖・分裂を阻止及び/又は細胞死を誘導し、癌細胞の増殖・分裂の阻止及び/又は細胞死の誘導を行う方法よりなる。該癌・精巣抗原タンパク質D40或いはCASC5、又は、該癌・精巣抗原タンパク質のスプライシングアイソフォームタンパク質をコードする遺伝子の発現を抑制する方法としては、D40或いはCASC5、又は、該癌・精巣抗原タンパク質のスプライシングアイソフォームタンパク質のmRNAに対するRNA干渉により行うことができる。それは、D40或いはCASC5、又は、該癌・精巣抗原タンパク質のスプライシングアイソフォームタンパク質のmRNAに対する標的特異的RNA分子を、合成法等を用いて構築し、該標的特異的RNA分子を癌細胞内へ導入することにより行うことができる。合成二本鎖RNA(dsRNA)を用いた細胞増殖抑制効果が図に示されている。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-303676.GIF
Research field
  • Basic research of antitumor (=antineoplastic) drugs
Seeds that can be deployed (In Japanese)癌細胞中における癌・精巣抗原タンパク質D40或いはCASC5、又は、癌・精巣抗原タンパク質のスプライシングアイソフォームタンパク質をコードする遺伝子をターゲットとして、癌細胞の増殖・分裂を阻止及び/又は細胞死を誘導する方法、この方法に用いられる癌細胞の選択的増殖・分裂の阻止及び/又は細胞死の誘導剤、及び、癌の治療及び/又は予防剤のスクリーニング方法を提供する。
ターゲットとしている癌・精巣抗原タンパク質D40或いはCASC5、又は、該癌・精巣抗原タンパク質のスプライシングアイソフォームタンパク質をコードする遺伝子は、多くのヒト原発癌に発現している一方で、精巣以外の正常組織の中では発現が認められない。よって、遺伝子の発現を特異的に抑制することにより、副作用の問題を回避して、癌細胞を選択的に、その増殖・分裂を阻止することが可能となる。特に、肺癌では、癌・精巣抗原タンパク質D40或いはCASC5、又は、癌・精巣抗原タンパク質のスプライシングアイソフォームタンパク質の発現頻度が高いことから、その癌の予防及び/又は治療への適用が期待される。
Usage Use field (In Japanese)癌細胞の選択的増殖・分裂阻止剤、癌細胞死誘導剤、癌治療剤、癌予防剤
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人北海道大学, . (In Japanese)瀧本 将人, ユリ ウラタ, 葛巻 暹, . GENE CODING FOR D40, CASC5 OR SPLICING ISOFORM PROTEIN OF CANCER-TESTIS ANTIGEN PROTEIN, METHOD FOR INDUCING PREVENTION OF PROLIFERATION/MITOSIS OF CANCER CELL AND DEATH OF CELL BY BRINGING THE GENE PRODUCT AS TARGET AND METHOD FOR SCREEING MATERIAL FOR INDUCING PREVENTION OF THE PROLIFERATION/MITOSIS AND DEATH OF THE CELL. P2007-112724A. May 10, 2007
  • A61K  48/00     
  • A61K  31/713    
  • A61P  43/00     
  • A61P  35/00     

PAGE TOP