Top > Quick Search > Search Technology seeds > HEXAHYDROXYDIPHENOYL COMPOUND

HEXAHYDROXYDIPHENOYL COMPOUND

Seeds code S110006006
Posted date Oct 31, 2011
Researchers
  • (In Japanese)山田 英俊
Name of technology HEXAHYDROXYDIPHENOYL COMPOUND
Technology summary (In Japanese)一般式(I)【化1】[式中、R1は、フェノール性水酸基の保護基を示す。R2は、R3O-基又はR4OCH2-基を示す。R3及びR4は、各々水酸基の保護基を示す。nは1又は0を示す。但し、nが1を示す場合、R2はR3O-基を示し、nが0を示す場合、R2はR4OCH2-基を示す]で表される、光学活性なヘキサヒドロキシジフェノイル化合物。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2008-287597.GIF
Research field
  • Synthesis of drugs
  • Stereochemistry of organic reaction
Seeds that can be deployed (In Japanese)今日まで知られているエラジタンニン類は、いずれも植物由来のものであり、そのため、薬理作用を有するエラジタンニン類の研究は極めて限定されていた。本発明の課題は、有機合成により大量製造が可能な新規エラジタンニン類縁体を提供し、広範囲にわたるエラジタンニン類の研究を可能ならしめる。
本ヘキサヒドロキシジフェノイル化合物は、分子内にHHDP基を有し、単一の軸不斉を持つことから、各種医薬品、例えば、抗菌剤、抗腫瘍剤等の他、抗酸化剤、金属触媒のリガンド等の各種用途に使用できる。また、有機化学合成により容易に且つ大量に製造され得るので、工業的な利用価値が極めて高い。さらに、本発明のヘキサヒドロキシジフェノイル化合物は、種々の化合物に誘導することができる。
Usage Use field (In Japanese)抗菌剤、抗腫瘍剤等、抗酸化剤、金属触媒のリガンド
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)学校法人関西学院, . (In Japanese)山田 英俊, . HEXAHYDROXYDIPHENOYL COMPOUND. P2009-132707A. Jun 18, 2009
  • C07D 321/00     
  • A61P  31/04     
  • A61P  39/06     
  • A61P  35/00     
  • A61K  31/335    

PAGE TOP