Top > Search Technology seeds > METHOD FOR SOFTENING SHRIMP SHELL

METHOD FOR SOFTENING SHRIMP SHELL

Seeds code S110006037
Posted date Nov 2, 2011
Researchers
  • (In Japanese)進藤 穣
  • (In Japanese)大富 潤
  • (In Japanese)佐久間 美明
Name of technology METHOD FOR SOFTENING SHRIMP SHELL
Technology summary (In Japanese)エビの殻の軟化方法は、エビの殻を、そのままあるいはボイル処理後に、有機酸処理およびキチン分解酵素処理を併用することで軟化させる。有機酸処理とは、酢酸処理あるいは酢酸-酢酸Na緩衝液による処理である。キチン分解酵素処理とは、キチナーゼによる処理である。有機酸処理は、5℃以下で行うことが良く、有機酸処理は、有機酸緩衝液による処理が良く、有機酸は、酢酸が好ましく、ジンケンエビであることが好ましい。殻の軟化に及ぼす酢酸処理における温度の影響を図に示す。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2007-094606.gif
Research field
  • Fishing gears, fishing tackles
Seeds that can be deployed (In Japanese)鹿児島湾で、ナミクダヒゲエビの漁獲で、同時に多量に漁獲されるジンケンエビ(Plesionika semilaevis)は、小型(体長約75mm)で為、頭と殻の除去に手間が掛かり、その上、安価であるので、大部分は廃棄されている。そこで、このエビ、特に小エビの殻を効率的に軟化できる手法を提供する。
エビ、特に小エビの殻を軟化するにあたり、エビの“身”の味覚や生鮮度に悪影響を及ぼさずに効率的に軟化できる。
Usage Use field (In Japanese)エビの殻むき機械
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 鹿児島大学, . (In Japanese)進藤 穣, 大富 潤, 佐久間 美明, . METHOD FOR SOFTENING SHRIMP SHELL. P2008-245624A. Oct 16, 2008
  • A23L   1/33     

PAGE TOP