Top > Quick Search > Search Technology seeds > CONSTANT WATER DEPTH CONTROL MECHANISM AND CONSTANT WATER DEPTH FLOATING BODY INCLUDING THE SAME

CONSTANT WATER DEPTH CONTROL MECHANISM AND CONSTANT WATER DEPTH FLOATING BODY INCLUDING THE SAME

Seeds code S110006063
Posted date Nov 2, 2011
Researchers
  • (In Japanese)宮本 弘之
  • (In Japanese)入江 博樹
  • (In Japanese)上久保 祐志
Name of technology CONSTANT WATER DEPTH CONTROL MECHANISM AND CONSTANT WATER DEPTH FLOATING BODY INCLUDING THE SAME
Technology summary (In Japanese)水中に浮遊可能な下方開口の定水深浮遊体の中空部に収納して、中空部の中空容積を変化させることにより、定水深浮遊体の浮力を制御する定水深制御機構、及び定水深浮遊体である。シリンダ47内への海水の注水量を制御することで定水深浮遊体100の中空部の中空容積、すなわち定水深浮遊体100の浮力を制御することができ、この結果、定水深浮遊体100の水深を制御することができる。また、モータ42の回転運動をピストン46の昇降運動に変換することにより、エネルギーの変換ロスを小さくすることができ、その結果、省電力でピストン46の位置制御を行うことができる。これにより、定水深浮遊体100を長時間駆動させることができる。また、定水深浮遊体100は、公知のデバイスや部材を用いることができるので、低コストで作成することができる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2009-073102.gif
Research field
  • Measuring instruments in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)潮流等のデータを取得するブイは、潮流によって移動する浮遊体が好ましい。しかしながら、海面を浮遊すると風や波の影響を受けてしまい、潮流等のデータを高精度に取得できない。また潮流は長期間にわたってデータを取得する必要がある。そこで、省電力で水深制御可能な定水深制御機構及びその定水深制御機構を備えた定水深浮遊体を提供する。
モータの回転運動を効率的にピストンの昇降運動に変換することができるので、省電力で水深制御を行うことが可能となる。定水深浮遊体の一部が水面から露出するような水深制御が可能となるので、当該定水深浮遊体の一部が水面から露出した状態で外部と通信を行うことができる。
Usage Use field (In Japanese)定水深制御機構、定水深浮遊体
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)独立行政法人国立高等専門学校機構, . (In Japanese)宮本 弘之, 入江 博樹, 上久保 祐志, . CONSTANT WATER DEPTH CONTROL MECHANISM AND CONSTANT WATER DEPTH FLOATING BODY INCLUDING THE SAME. P2010-221922A. Oct 7, 2010
  • B63B  22/00     
  • B63B  22/22     
  • B63B  22/18     
  • G01D  21/00     

PAGE TOP