Top > Search Technology seeds > (In Japanese)Ni3(Si,Ti)系金属間化合物合金で形成された高温用軸受及びその製造方法

(In Japanese)Ni3(Si,Ti)系金属間化合物合金で形成された高温用軸受及びその製造方法

Seeds code S110006122
Posted date Nov 4, 2011
Researchers
  • (In Japanese)高杉 隆幸
  • (In Japanese)金野 泰幸
  • (In Japanese)藤井 秀和
Name of technology (In Japanese)Ni3(Si,Ti)系金属間化合物合金で形成された高温用軸受及びその製造方法
Technology summary (In Japanese)本高温用軸受はNiを主成分とし、7.5~12.5原子%Si,4.5~10.5原子%Ti,0~3原子%Nb,0~3原子%Crを含む組成の合計重量に対し25~500重量ppmBを添加したNi3(Si,Ti)系金属間化合物合金にて構成する。本合金の金属間化合物について説明するとL12相はNbを固溶したNi3(Si,Ti)相の事である。これらの組織は、軸受の製造性・加工性の点からはL12相とNi固溶体からなる組織が好ましいが、硬度、変形の均一性、軸受の変形や寸法精度による寿命の点ではL12相からなる単相組織が好ましい。金属間化合物合金は引張強度等の機械的特性に優れ、高強度かつ長寿命の軸受を得る事ができる。図は転がり軸受の断面図であり、内輪2と内周面を向けて配置した外輪3とこれらの間で転動する転動体4および保持器5から成っている。この軸受では内輪2と外輪3をNi3(Si,Ti)化合物で形成し、転動体4はセラミックである。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2009-175851.gif
Research field
  • Dispersion hardening alloys
Seeds that can be deployed (In Japanese)高温の環境で優れた特性、特に優れた寿命を備えた軸受を開発する。
金属間化合物で形成した本軸受は高温で優れた寿命を発揮し、工業的応用が期待できる。
Usage Use field (In Japanese)高温用軸受、転がり軸受、すべり軸受
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)公立大学法人大阪府立大学, . (In Japanese)高杉 隆幸, 金野 泰幸, 藤井 秀和, . BEARING FOR HIGH TEMPERATURE FORMED FROM NICKEL3(SILICON, TITANIUM) SERIES INTERMETALLIC COMPOUND ALLOY AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR. P2011-026683A. Feb 10, 2011
  • C22C  19/05     
  • C22F   1/10     
  • C22F   1/02     
  • C22F   1/00     

PAGE TOP