Top > Quick Search > Search Technology seeds > METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE AZIRIDINE COMPOUND AND AMINE COMPOUND

METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE AZIRIDINE COMPOUND AND AMINE COMPOUND

Seeds code S110006130
Posted date Nov 7, 2011
Researchers
  • (In Japanese)香月 勗
  • (In Japanese)小村 和史
  • (In Japanese)村上 正和
  • (In Japanese)内田 竜也
  • (In Japanese)入江 亮
Name of technology METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE AZIRIDINE COMPOUND AND AMINE COMPOUND
Technology summary (In Japanese)特定の光学活性なRu(サレン)(CO)錯体を触媒として使用し、特定のオレフィンを式(IV)で表されるアリールスルフォニルアジド化合物を用いて不斉アジリジン化反応又は不斉アミノ化反応することにより、式(V)で表される光学純度の高いアジリジン化合物又はアミン化合物を製造する。(式中、R2は水素原子、ハロゲン原子、炭素数1~4の置換又は非置換のアルキル基又は炭素数1~4の置換又は非置換のアルコキシ基を示す。)
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2003-204553_1.gif thum_2003-204553_2.gif
Research field
  • Organic chemical industry in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)入手が容易で経済的なナイトレン先駆体を用いて、高いエナンチオ選択性で光学活性なアジリジン化合物及びアミン化合物を製造する方法を提供する。
経済的なアリールスルフォニルアジドをナイトレン先駆体として使用でき、製造プロセスの経済化が図れる。高いエナンチオ選択性でオレフィンから光学活性なアジリジン化合物及びアミン化合物を製造することができる。触媒の選択により両鏡像異性体を製造することができる。医農薬品の合成に有用な光学活性なアジリジン化合物及びアミン化合物を光学純度の高い状態で提供することができる。
Usage Use field (In Japanese)医農薬品、光学活性なアジリジン化合物試薬、光学活性なアミン化合物試薬
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)九州大学長, . (In Japanese)香月 勗, 小村 和史, 村上 正和, 内田 竜也, 入江 亮, . METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE AZIRIDINE COMPOUND AND AMINE COMPOUND. P2004-292422A. Oct 21, 2004
  • C07C 303/36     
  • C07C 311/16     
  • C07D 203/02     
  • C07D 203/24     
  • C07B  53/00     
  • C07B  61/00     

PAGE TOP