Top > Search Technology seeds > METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE BUTENOLIDES

METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE BUTENOLIDES

Seeds code S110006131
Posted date Nov 7, 2011
Researchers
  • (In Japanese)香月 勗
  • (In Japanese)松岡 悠子
Name of technology METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE BUTENOLIDES
Technology summary (In Japanese)溶媒中で、Cr(サレン)錯体又はその鏡像異性体を触媒として使用し、特定のフラン類を特定のアルデヒド類に付加させる工程を含む光学活性なブテノライド類の製造方法である。Cr(サレン)錯体の合成例としては、(1R,2R)-1,2-シクロヘキサンジアミンをエタノールに溶解させ、次いで(R)-3-フォルミル-2-ヒドロキシ-2-フェニル-1,1-ビナフチルを加え撹拌する。反応終了後、沈殿物をろ取し、減圧下加熱乾燥する。その後、ろ取物を窒素雰囲気下で無水テトラヒドロフランに溶解させ、塩化クロム(II)を加えて撹拌した後、空気にさらす。更に撹拌後、ジクロロメタンを加える。得られた溶液を飽和塩化アンモニウム水溶液、更に飽和塩化ナトリウム水溶液で洗浄する。有機層を硫酸ナトリウム上で乾燥した後、濃縮する。残渣を、ジクロロメタン/メタノールを展開溶媒としてシリカゲルカラムで分離する。得られた錯体を、窒素雰囲気下、無水ジクロロメタンに溶かし、遮光してヘキサフルオロホスフェイト酸銀を加える。これを濾過し、ろ液を濃縮することによって得られる。
Research field
  • Organic chemical industry in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)光学活性な6-ヒドロキシ-ブテノライド類を生成する付加反応は、未だ充分に検討されていない。そこで、光学活性な6-ヒドロキシ-ブテノライド類を生成できる新規な製造方法を提供する。
この光学活性なブテノライド類は、医農薬品の合成におけるキラルなビルディングブロックとして利用できる。
Usage Use field (In Japanese)医農薬品、光学活性なブテノライド類試薬
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人九州大学, . (In Japanese)香月 勗, 松岡 悠子, . METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE BUTENOLIDES. P2004-277399A. Oct 7, 2004
  • C07D 307/58     
  • B01J  31/22     
  • C07B  61/00     

PAGE TOP