Top > Search Technology seeds > METHOD FOR PRODUCING FIBROUS CARBON NANOSTRUCTURE AND FIBROUS CARBON NANOSTRUCTURE PRODUCED THEREBY

METHOD FOR PRODUCING FIBROUS CARBON NANOSTRUCTURE AND FIBROUS CARBON NANOSTRUCTURE PRODUCED THEREBY

Seeds code S110006213
Posted date Nov 14, 2011
Researchers
  • (In Japanese)小塩 明
  • (In Japanese)小海 文夫
  • (In Japanese)神木 亨
  • (In Japanese)丹後 佑太
Name of technology METHOD FOR PRODUCING FIBROUS CARBON NANOSTRUCTURE AND FIBROUS CARBON NANOSTRUCTURE PRODUCED THEREBY
Technology summary (In Japanese)非金属であるイオウ含有化合物を触媒として用いることによって、簡便に、高純度、高収率で繊維状カーボンナノ構造体が合成できる。すなわち、炭素源としての有機物の気体と、イオウ含有化合物との混合気体を、実質的に金属含有触媒を利用せずに800℃以上で加熱することを特徴とする繊維状カーボンナノ構造体の製造方法を提供するものである。また、常温常圧で液体の炭素源としての有機物、及び/又は、常温常圧で液体のイオウ含有化合物を、同時に気体状態において800℃以上で加熱することを特徴とする繊維状カーボンナノ構造体の製造方法を提供するものである。また、この製造方法を用いて製造された繊維状カーボンナノ構造体を提供するものである。また、両端が共に開いた構造を有する繊維状カーボンナノ構造体を提供する。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2007-120991.GIF
Research field
  • Fiber manufacturing and yarn processing
Seeds that can be deployed (In Japanese)簡便な方法で、高純度、高収率で、合成可能なカーボンナノ構造体の製造方法を提供する.また、その製造方法で得られたカーボンナノ構造体を提供する。
触媒として金属や金属含有化合物を使用しなくても、繊維状カーボンナノ構造体を提供することができ、金属不純物を含まない繊維状カーボンナノ構造体の大量合成が可能になる。また、その製造方法によって、広い適用分野が考えられる「両端が共に開いた構造の繊維状カーボンナノ構造体」を確実に与えることができる。得られた繊維状カーボンナノ構造体は、両端が共に開いた構造を有しているので、金属不純物を含まないという特長とも合わせて、生体が関与する分野、磁性が関与する分野、ナノ試験管としての使用分野等をはじめ、それらに限らず一般に繊維状カーボンナノ構造体が用いられる全ての分野で広く利用される。
Usage Use field (In Japanese)ナノ構造体、炭素繊維、ナノ試験管
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人三重大学, . (In Japanese)小塩 明, 小海 文夫, 神木 亨, 丹後 佑太, . METHOD FOR PRODUCING FIBROUS CARBON NANOSTRUCTURE AND FIBROUS CARBON NANOSTRUCTURE PRODUCED THEREBY. P2008-274491A. Nov 13, 2008
  • D01F   9/127    
  • C01B  31/02     

PAGE TOP