Top > Quick Search > Search Technology seeds > METHOD FOR PRODUCING ISOCYANIDE COMPOUND

METHOD FOR PRODUCING ISOCYANIDE COMPOUND

Seeds code S110006220
Posted date Nov 14, 2011
Researchers
  • (In Japanese)北野 克和
Name of technology METHOD FOR PRODUCING ISOCYANIDE COMPOUND
Technology summary (In Japanese)N-置換ホルムアミド類とリン酸ハロゲン化物とを塩基の存在下に反応させる工程を含むイソシアニド化合物の製造方法である。リン酸ハロゲン化物は、化1式で示される化合物である。式中、Xは炭素数1~20のアルコキシ基、-OPh又は炭素数1~20のジアルキルアミノ基であり、Yはハロゲン、好ましくは塩素、臭素又はヨウ素、最も好ましくは塩素である。N-置換ホルムアミド類は、ベンゼン誘導体又はアミノ酸誘導体が好ましい。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2009-059482.gif
Research field
  • Manufacturing of various organic compounds
Seeds that can be deployed (In Japanese)イソシアニド化合物の製造方法としては、イソシアニド化合物のアミノ酸誘導体やイソシアノベンゼン誘導体等のイソシアニド化合物の製造にも適用できる汎用性あり、且つ、毒性が低く簡便に取り扱うことができる試薬を使用する方法は知られていなかった。そこで、汎用性に優れ、且つ、簡単に取り扱うことができる試薬を用いたイソシアニド化合物の製造方法を提供する。
ホスゲンといった毒性の高い物質を使用することなく、種々のイソシアニド化合物を合成対象にできる、汎用性に優れたイソシアニド化合物の製造方法を提供することができる。このイソシアニド化合物の製造方法を適用することによって、試薬の取り扱いのための装置等を必要とせず低コストにイソシアニド化合物を製造することが可能となる。
Usage Use field (In Japanese)水中付着生物防汚剤、船底防汚塗料、医薬、農薬
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人東京農工大学, . (In Japanese)北野 克和, . METHOD FOR PRODUCING ISOCYANIDE COMPOUND. P2010-209041A. Sep 24, 2010
  • C07C 291/10     
  • C07B  61/00     

PAGE TOP