Top > Quick Search > Search Technology seeds > UREA COMPOUND AND THIOUREA COMPOUND, AND ORGANOGEL OBTAINED BY USING THEM

UREA COMPOUND AND THIOUREA COMPOUND, AND ORGANOGEL OBTAINED BY USING THEM

Seeds code S110006262
Posted date Nov 16, 2011
Researchers
  • (In Japanese)山中 正道
Name of technology UREA COMPOUND AND THIOUREA COMPOUND, AND ORGANOGEL OBTAINED BY USING THEM
Technology summary (In Japanese)式(1)で表される新規な尿素化合物またはチオ尿素化合物である。式(1)において、Xは酸素原子または硫黄原子、Yはアリール基、Zはアリーレン基、Rは水素原子またはアルキル基である。具体例として1,3,5-トリス[4-(N’-フェニルウレイド)-フェノキシメチル]-2,4,6-トリエチルベンゼン又はチオウレイド化合物が挙げられる。式(1)で表される尿素化合物またはチオ尿素化合物と極性基を有する有機溶剤を含むオルガノゲルである。このオルガノゲルの製造方法は、尿素化合物またはチオ尿素化合物と極性基を有する有機溶剤を混合する工程、混合物に超音波を照射する工程、を含む。ゾル-ゲル転移方法は、A)オルガノゲルを準備する工程、B)オルガノゲルに陰イオンを混合してオルガノゾルに転移させる工程、C)このゲルに臭化亜鉛または三フッ化ホウ素を混合して、再びオルガノゲルに転移させる工程、D)さらに、B)または、B)およびC)工程を含む、方法である。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2007-022729.gif
Research field
  • Organic chemical industry in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)従来にない化学構造を有し、優れたゲル化特性を発現する化合物、および当該化合物を用いた可逆的ゾルゲル転移が可能なオルガノゲルを提供する。
(チオ)尿素化合物は、官能基である尿素基またはチオ尿素基を複数有しているため、医薬品、医薬中間体、ポリマー原料、高分子添加剤等様々な用途において有用である。特に、極性基を有する有機溶剤のゲル化剤として好適に用いられる。
Usage Use field (In Japanese)医薬品、医薬中間体、ポリマー原料、高分子添加剤、有機溶剤のゲル化剤
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人静岡大学, . (In Japanese)山中 正道, . UREA COMPOUND AND THIOUREA COMPOUND, AND ORGANOGEL OBTAINED BY USING THEM. P2008-189559A. Aug 21, 2008
  • C07C 275/34     
  • C09K   3/00     
  • A61K  47/16     
  • A61K  47/20     

PAGE TOP