Top > Search Technology seeds > OPTICALLY ACTIVE PHENYL BIS-IMIDAZOLINE-TRANSITION METAL COMPLEX CATALYST

OPTICALLY ACTIVE PHENYL BIS-IMIDAZOLINE-TRANSITION METAL COMPLEX CATALYST meetings

Seeds code S110006285
Posted date Nov 16, 2011
Researchers
  • (In Japanese)中村 修一
  • (In Japanese)柴田 哲男
  • (In Japanese)辻 幸太郎
Name of technology OPTICALLY ACTIVE PHENYL BIS-IMIDAZOLINE-TRANSITION METAL COMPLEX CATALYST meetings
Technology summary (In Japanese)[TolSO2-Phebim]Br(150mg,0.166mmol)、及びビス(1,5-シクロオクタジエン)ニッケル(0)(50mg,0.182mmol)を30mLナスフラスコに入れ、ベンゼン(7mL)に溶解させる。その後、溶液を2時間還流させ、ベンゼンを減圧下で留去する。次にジクロロメタンを加え不溶物を濾別し、ろ液を減圧下で濃縮する。得られた固体をベンゼンで洗浄、クロロホルム/ヘキサンにて再結晶を行い、図に示す光学活性フェニルビスイミダゾリン-遷移金属錯体触媒[TolSO2-Phebim]NiBr(66.9mg,41.8%)を得る。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2009-034366.GIF
Research field
  • Preparation of catalysts
Seeds that can be deployed (In Japanese)光学活性フェニルビスイミダゾリン-遷移金属錯体触媒および光学活性フェニルビスイミダゾリン-遷移金属錯体製造方法を提供する。
簡便に入手可能な光学活性ジアミン類からビスイミダゾリン誘導体を合成し、反応性、立体選択性のチューニングを行なうために窒素上にいくつかの置換基を導入し、触媒分子中の環境の調製、触媒反応性の増大、立体選択性の向上が行なえる新規触媒が得られる。
Usage Use field (In Japanese)光学活性フェニルビスイミダゾリン-遷移金属錯体触媒、光学活性フェニルビスイミダゾリン-遷移金属錯体触媒製造システム
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 名古屋工業大学, . (In Japanese)中村 修一, 柴田 哲男, 辻 幸太郎, . OPTICALLY ACTIVE PHENYL BIS-IMIDAZOLINE-TRANSITION METAL COMPLEX CATALYST. P2010-188267A. Sep 2, 2010
  • B01J  31/22     
  • C07F  15/00     
  • C07F  15/04     
  • C07D 233/20     

PAGE TOP