Top > Search Technology seeds > PROCESS FOR PRODUCING ALKYLPHENOL

PROCESS FOR PRODUCING ALKYLPHENOL meetings

Seeds code S110006298
Posted date Nov 16, 2011
Researchers
  • (In Japanese)國信 洋一郎
  • (In Japanese)松木 崇
  • (In Japanese)高井 和彦
Name of technology PROCESS FOR PRODUCING ALKYLPHENOL meetings
Technology summary (In Japanese)0価又は1価のレニウム化合物からなる触媒の存在下に、フェノール化合物とオレフィンとを反応させて、フェノール性水酸基のオルト位又はパラ位に1つのアルキル基を導入する。レニウムデカカルボニルなどの0価のレニウム錯体が、触媒として好適に用いられる。
Research field
  • Aromatic monocyclic phenols and polyphenols
Seeds that can be deployed (In Japanese)従来、位置選択的にフェノール化合物のモノアルキル化体を合成することは必ずしも容易ではなかった。そこで、触媒量の金属化合物の存在する中性条件下においてフェノール化合物とオレフィンとを反応させて、フェノール化合物を高位置選択的にモノアルキル化することのできるアルキルフェノールの製造方法を提供する。
フェノール化合物は特に限定されるものではなく、芳香環にフェノール性水酸基を有するものであればよい。フェノール性水酸基のオルト位又はパラ位に1つのアルキル基が導入されたアルキルフェノールであればよい。炭素-炭素二重結合を有するものであればよい。
Usage Use field (In Japanese)樹脂原料、医薬品、除草剤、殺虫剤、染料
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 岡山大学, . (In Japanese)國信 洋一郎, 松木 崇, 高井 和彦, . PROCESS FOR PRODUCING ALKYLPHENOL. P2010-209016A. Sep 24, 2010
  • C07C  37/14     
  • C07C  41/30     
  • C07C  43/23     
  • C07C  39/06     
  • C07C  39/08     
  • C07C  39/28     
  • C07C  67/347    
  • C07C  69/025    
  • C07B  61/00     

PAGE TOP