Top > Search Technology seeds > MICROPARTICLES AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

MICROPARTICLES AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

Seeds code S110006334
Posted date Nov 17, 2011
Researchers
  • (In Japanese)奥 浩之
  • (In Japanese)俵 義宣
  • (In Japanese)山田 圭一
  • (In Japanese)片貝 良一
  • (In Japanese)佐藤 久美子
  • (In Japanese)鈴木 守
  • (In Japanese)矢野 和彦
  • (In Japanese)狩野 繁之
Name of technology MICROPARTICLES AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
Technology summary (In Japanese)生理活性物質を含む揮発性有機酸水溶液または生理活性物質の揮発性有機酸溶液を、揮発性有機溶媒と混合してエマルジョンを作製、得られたエマルジョンを負電荷を有するポリマーの水溶液と混合して生理活性物質を含む微粒子を製造する方法である。有機酸は、酢酸などが、生分解性高分子としては、ポリ乳酸‐グリコール酸共重合体、ポリ乳酸、ポリデプシペプチド、タンパク質またはペプチド(熱帯熱マラリア原虫由来のタンパク質またはペプチド)などがある。揮発性有機溶媒としては、生分解性高分子を溶解し、揮発性で水と混ざりにくいジクロロメタン、クロロホルムなどが、負電荷を有するポリマーとしては、酸素を含むポリビニルアルコール、カルボキシメチルセルロース、ポリエチレングリコールなどがある。具体的には、生理活性物質を酢酸に溶解、これをポリ乳酸-グリコール酸共重合体のジクロロメタン溶液と撹拌、得られた有機相に大量の負電荷ポリマーPVAの水溶液を注入撹拌、生理活性物質と生分解性高分子を含む有機相を微小滴に分散する。このO/Wエマルジョンから有機溶媒が蒸発し、生分解性高分子が生理活性物質を含んだまま析出して微粒子が形成される(図)。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2009-059789.GIF
Research field
  • Colloid chemistry in general
  • Basic research of antiprotozoan drugs and anthelmintics
  • Treatment for infectious diseases, parasitic diseases.
Seeds that can be deployed (In Japanese)タンパク質やペプチドなどの生理活性物質含有微粒子を効率よく製造する。また、ヒトおよび他の動物での免疫反応を利用したマラリア原虫に対する免疫学的応答を誘発することができるペプチドまたはその類似体を含んだ微粒子、熱帯熱マラリア原虫(Plasmodium falciparum)の増殖を抑える免疫用抗原やマラリア原虫感染症の予防のための医薬組成物を提供する。
難溶性の生理活性物質を用いたときも効率よく微粒子を作製することができる。生理活性物質をマラリア原虫エノラーゼの部分配列および類似配列体とすることで、ヒトおよび他の動物での免疫反応を利用したマラリア原虫に対する免疫学的応答を誘発することのできる、熱帯熱マラリア免疫用抗原やマラリア原虫感染症予防医薬組成物、さらにはマラリア感染免疫状態診断材料として使用することができる。
Usage Use field (In Japanese)マラリア免疫用抗原、マラリア感染症予防医薬、マラリア感染免疫状態診断材料
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人群馬大学, . (In Japanese)奥 浩之, 俵 義宣, 山田 圭一, 片貝 良一, 佐藤 久美子, 鈴木 守, 矢野 和彦, 狩野 繁之, . MICROPARTICLES AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME. P2009-256324A. Nov 5, 2009
  • A61K  39/015    
  • A61K   9/107    
  • A61K  47/12     
  • A61K  47/34     
  • A61K  47/42     
  • A61P  33/06     

PAGE TOP