Top > Quick Search > Search Technology seeds > CHELATE EXTRACTANT CONTAINING PHOSPHINIC ACID AS LIGAND

CHELATE EXTRACTANT CONTAINING PHOSPHINIC ACID AS LIGAND

Seeds code S110006524
Posted date Nov 25, 2011
Researchers
  • (In Japanese)馬場 由成
Name of technology CHELATE EXTRACTANT CONTAINING PHOSPHINIC ACID AS LIGAND
Technology summary (In Japanese)ホスフィン酸を含む化合物をキレート抽出剤として用いると、金属の選択的な抽出が可能になることを見出した。即ち、化学式1で表される化合物(式中、Xは水素、置換基を有してもよい直鎖もしくは分岐のC1~C18のアルキル基又は置換基を有してもよいC6~C18のアリール基で、R1およびR2は独立して、置換基を有してもよい直鎖または分岐のC1~C18のアルキル基、置換基を有してもよいC2~C18のアルケニル基、又は置換基を有してもよいC7~C18のアリールアルキル基であり、R3は水素又は置換基を有してもよい直鎖もしくは分岐のC1~C18のアルキル基)、又は化学式2で表される化合物である。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2008-110252_1.GIF thum_2008-110252_2.GIF thum_2008-110252_3.GIF
Research field
  • Coordination compounds in general
  • Metallic materials in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)金属資源のリサイクルが工業的スケールで行われ始めている。インジウム、ガリウムおよび亜鉛の相互分離、ニッケルとコバルトとの分離が可能であり、カドミウム共存下で亜鉛に対して高い選択性を有する抽出剤を提供する。
インジウム、ガリウム、および亜鉛の相互分離が可能になる。また、ニッケルとコバルトとの分離、カドミウムと亜鉛との分離が可能になる。さらに本発明の化合物は化学的にも非常に安定であり、工業的な長期使用に適する。また、本発明の化合物によって有機相中に抽出された金属は、酸性溶液で水相側へ逆抽出して濃縮することで容易に回収できる。
Usage Use field (In Japanese)ホスフィン酸を配位子とするキレート抽出剤
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 宮崎大学, . (In Japanese)馬場 由成, . CHELATE EXTRACTANT CONTAINING PHOSPHINIC ACID AS LIGAND. P2009-256291A. Nov 5, 2009
  • C07F   9/30     
  • C22B   3/26     

PAGE TOP