Top > Quick Search > Search Technology seeds > METHOD OF CONTROLLING VEGETABLE DISEASE DUE TO MELOIDOGYNE SPP.

METHOD OF CONTROLLING VEGETABLE DISEASE DUE TO MELOIDOGYNE SPP.

Seeds code S110006561
Posted date Nov 25, 2011
Researchers
  • (In Japanese)水久保 隆之
  • (In Japanese)津田 新哉
Name of technology METHOD OF CONTROLLING VEGETABLE DISEASE DUE TO MELOIDOGYNE SPP.
Technology summary (In Japanese)ネコブセンチュウは、植物に寄生し、植物細胞の原形質から栄養をとる害虫であって、様々な作物や雑草に寄生する。単独で植物を加害するばかりでなく、土壌病原菌と複合感染を引き起こす。本方法は、この植物病害を生物的に防除する方法を提供する。すなわち、植物または植物を栽培する土壌に非病原性の糸状菌を施用するか、あるいは、植物または植物を栽培する土壌に非病原性の糸状菌を施用する前に、弱毒植物ウイルスを植物に接種する方法、および、非病原性の糸状菌(非病原性フザリウム菌)を有効成分として含有する、ネコブセンチュウによる植物病害の防除剤である。例では、非病原性フザリウム菌によるサツマイモネコブセンチュウの防除について、トマトのポット栽培におけるフザリウム・オキシスポラムF13感染タイミングのネコブセンチュウに対する防除効果が、全根系の根こぶ数で示されている(図)。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2007-332395.GIF
Research field
  • Biological pest control
  • Plant damages caused by Nematodes (=nema, threadworms, eelworms)
Seeds that can be deployed (In Japanese)生物的防除技術を用いた、ネコブセンチュウによる植物病害を防除する方法を提供する。
ネコブセンチュウによる植物病害を生物的に防除することができる。非病原性糸状菌の施用、ならびに弱毒植物ウイルスおよび非病原性糸状菌の施用は、従来から行われている化学的防除法と異なり、環境を汚染や人畜あるいは他の作物への影響が軽微であるため、生態系の調和を乱すことなく、また、土壌中に生息している有益な微生物に悪影響を与えることなく、安定かつ持続的に、ネコブセンチュウによる植物病害を防除し得る。
Usage Use field (In Japanese)ネコブセンチュウ防除非病原性糸状菌、ネコブセンチュウによる植物病害の防除剤
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . (In Japanese)水久保 隆之, 津田 新哉, . METHOD OF CONTROLLING VEGETABLE DISEASE DUE TO MELOIDOGYNE SPP.. P2009-155229A. Jul 16, 2009
  • A01N  63/00     
  • A01P   5/00     

PAGE TOP